茅ヶ崎サザンビーチから平塚へ ちょっと長いお散歩旅

2019.10.04 Friday 06:23
0

     今年の夏も暑かった。それでもようやく過ごしやすくなってきたので、久々に長距離のお散歩にチャレンジしました。

     出発地点はJR茅ヶ崎駅、ここからサザン通りを通って海岸に向かいます。

     

     

     言わずと知れたサザンビーチ、正面に小さく見えるのは烏帽子岩。

     

     

     うーん、でも海岸はまだまだ夏、上半身裸でランニングしている人もいる。もう10月だっていうのに・・・。

     地球温暖化はすすみつつあると自分も思っています。近い将来、春と秋はなくなって9ヶ月は夏、3か月は冬みたいな感じになっちゃうんじゃにでしょうか。

     

     

     

     

     湘南大橋を歩いて渡って平塚にやってきました。ここは平塚漁港です。

     

     

     ここって周囲の壁いちめんに絵が描かれていて楽しい。

     

     

     

     

     ここから相模川に沿って北上します。河川敷にはいくつかのスポーツ施設や公園がつくられています。

     こちらはその一つのイシックス馬入のお花畑です。

     

     

     

     今、コスモスと百日草が見頃になりつつありました。良かった、ちゃんとここには秋がありました。

     

    ikumi (オリジナルヘッド+TBLeagues24Aボディ 2018 28cm )

     

     この日のお散歩は再び相模川を渡り最後は寒川まで。歩いた距離は17kmほどでした。

     疲れたけど楽しかった。カメラ持ってお散歩してると、知らず知らずのうちにたくさん歩いちゃうんだよね。

     

     このほかにもたくさん写真を撮ったので、そちらはメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    小さな丘の風景・冬 2 雪が降るとみんな隠れてしまう

    2019.10.01 Tuesday 04:29
    0

       前回レポートしたものにリペイントしたシカと雪に埋もれた道祖神を付け加え、ジオラマが完成しました。

       

       

       雪そのものは、硬めの筆でモデリングペーストをたたくように塗って、それらしく質感を出しています。

       

       

       スケール1/150、サイズは20cm×25cm、シカの大きさは8mmぐらい。

       雪が降ると、何でもかんでも隠れちゃうので、制作の手間はあまりかかりませんでした。製作時間は乾燥の待ち時間を除けば5時間ほどかな。

       

       

       自分の部屋は南西向きで、3時過ぎになるとちょっとだけ光が差し込みます。それを待って撮影しました。

       いいね。中島美嘉さんの「雪の華」を聞きたくなっちゃうな。このジオラマってシンプルなだけに光の演出が必要不可欠かもしれません。

       

       制作の記録は、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

       

       

      JUGEMテーマ:模型製作

      category:diorama | by:moocomments(0) | -

      asumi 2 可愛いってことは不自然さがないってことかも

      2019.09.29 Sunday 11:26
      0

         急に思いつくところがあって、asumi (オリジナル球体関節人形)のヘッド部分のリメイクを始めたわけですが、とりあえずすべての修正が終わりました。

         

         

         前回のレポートでもふれたとおり、目や唇の形や位置を微修正、実際にはすべて0.3mmから0.5mmの範囲内での修正ですが、がらっと雰囲気が変わりました・・・。といっても前の画像がないと比較しようがないですね。

         

         

         

         これが11年前の完成したばかりの頃の画像です。可愛く仕上がってお気に入りの一つでした。

         

         

         

         半年前にリメイクを行ったときの画像です。関節を現在のスタンダードな形式に修正し、再塗装、コーティングを行いました。基本的に顔の造形はいじっていなかったのですが、どこかしらバランスが悪くなったような気がしていました。だから個展の時にも持ってゆかなかった。

         今思うと、再塗装とコーティングだけで0.3mmぐらいは厚さが増すわけで、もう同じ造形とは言えなくなっていたんだと思います。

         だから今回はもう一度、造形しなおすぐらいのつもりでリメイクしました。

         

         

         

         

         とりあえずよくできましたというところかな。

         なんか往年のアイドル佐野量子さんに似てるかも。

         

         「可愛いってどういうことか」という前回の話の続きですが、犯罪者や極悪人の人相を数値解析し、その平均値を出してみたらどんな顔つきになるかを研究した学者がいるそうです。見るからに恐ろしい顔つきの人物になるかと予想していたのですが、結果は逆で、ごくごく普通の人相だったそうです。平均化することでその人個人の特徴のようなものが消えちゃうんだろうね。

         逆に言うと、人は標準的でないものを個性として認識し、それがあまりにかけ離れていれば違和感を持ち、ときには恐れをいだくこともあったりするということなんだろうと。

         そういう意味では、可愛いお人形をつくるためには、顔のパーツや位置関係で違和感のあるところなど、可愛くならない原因を探して徹底的に修正するというのもポイントなんだろうと思います。

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        黒羽に行ってきた

        2019.09.26 Thursday 06:38
        0

           茂木でお散歩したあと黒羽あたりをドライブした。

           栃木県北部では、東北に向かう道というと今は国道4号線がメインだけど、その昔は奥州街道が今の国道294号線あたりを通っていました。だから沿線では宿場町とかお城とか、その他もろもろの遺跡があって楽しいです。

           

           

           

           いいね、いちめんの蕎麦畑。もうちょっとで新蕎麦のシーズンです。

           

           

           

           国道294号線に並行して流れる那珂川です。なかなかの清流でアユ釣りの名所として知られるところ。今だと子持アユがおいしいです。このあたりのお店だと塩焼きしたものが1匹500円ぐらいで買えます。

           で、写真の中央奥に見える川に突き出した岩が気になったので行ってみました。

           

           

           その高さ10m以上あってけっこうな迫力です。

           ここはガイドマップに出ているような場所じゃないけど、ここにやってくるまでにとっても古い神社の前を通ったりして、けっこう楽しい。紅葉の時期にもう一度訪れてみたいと思います。

           

           

           

           黒羽はもともと奥州街道の宿場町でお城もありました。けっして賑わっているということでもないですが、今でもしっとりとした昔の街並みを見ることができます。
           

           

           今回は久しぶりに中心街を歩いてみることにしました。こちらは蔵造りの銀行です。

           

           

           あとは染物屋さん、地元のお酒はなんでも揃う酒屋さん、旅籠の佇まいを残す民家、老舗の蕎麦屋さん、レトロな橋・・・。別に何がすごいって感じでもないのですが、想像力を働かせるとすぐに1時間ぐらい経ってしまいます。

           

           

          JUGEMテーマ:国内小旅行

          category:trip | by:moocomments(0) | -

          asumi 1 可愛いドールの作り方

          2019.09.25 Wednesday 07:01
          0

             半年前にリメイクを完了した asumi ですが、何となくしっくりとこないところがあって時々ながめていました。そしてその理由が分かったところで微修正を始めました。

             

             

             具体的には瞼の目頭よりをやや厚めにする。左目の目尻の傾きを修正する。唇を小さく修正し、上方に動かすといったところです。すべて0.3mmから0.5mmぐらいの微修正です。それでどれだけ違うのかというと、けっこうこれががらっと変わったりする。

            可愛いか可愛くないかって本当に微妙な違いです。

             

             人間の顔って、眼が2つ、鼻と口が一つずつというパーツからできているんだけど、人によってその形と位置は微妙に違う。そして人間はそのわずかな違いを見分けて人物を特定したり、更には顔の筋肉の動きからその人の内面的なものまで予想する能力を持っている。これってとってもすごいこと。

             またこの能力って人間だけでなく、たとえばペンギンは営巣地に何万羽もいるなかから、自らの子供ペンギンを見分けて餌を与えている。

             

             この生物の持っている能力って、生来の多分に本能的なものなのだろうけど、完全に知識や想像力の範囲外にある。だから難しい。

             悲しいことに出来上がった人形を見て何か違うな、違和感があるなって思っても、その原因が良く分からない。逆に可愛い人形が出来上がっても、なぜ可愛いのか、その理由も分からない。

             だから写真に撮り、その画像を客観的に観察する。そしてあるときふと気づくといった感じです。

             上の画像は唇を0.3mmぐらい上にあげるという修正を行ったところですが、やはりすでに表情が違ってきた。

             

             ドール作りの本とか、ドール教室などでお人形の基本的な作り方を知ることはできるけど、おそらくはこうすれば可愛くなるといった方程式のようなものは教えてくれないと思う。(教えられない) もちろんお手本になる可愛いお人形のまねをすることはできるかもしれませんが、それで終わってしまったら意味はないように思う。

             自分はこれまでに40体ほどの人形をつくり、おそらくはその倍以上のリメイクを重ねてきましたが、自分がつくったお人形のなかで、現時点で満足しているのは手元にあるものでは2つだけ。その2つって不思議と悩むこともなく、するするっと天から何かが降りてきたように出来上がってしまったものです。

             人形作りにおいて確かに理論的なものや経験は必要なのですが、最終的には人の持つ生来の多分に本能的なものと、人形に対する想像力のようなものをどこかで結び付けて行くってことが大切なのかもしれないと思うようになりました。

             

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -

            Calender
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            ジオラマランキング