早春のお散歩旅 3 荒川の菜の花 川島町 学位授与式

2020.03.26 Thursday 14:56
0

     のっけから新型コロナの話で申し訳ないのだけれど、昨日近所の大学で学位授与が行われたみたい。今年は新型コロナの関係で正式な式典は行わなず、証明書等の交付が学科ごとに行われたということなんだけど、同じ日に一斉に集めたものだから、結果として終了後は皆さん待ち合わせて交流を深めていらっしゃいました。これじゃ式典がないだけで例年と全く変わりないじゃん! 一斉に集めたら、おとなしく皆さんが帰るわけがないことぐらい想像がつかないのかな?

     次の日は、楽しそうにガラガラとスーツケースを引っ張って、どこかにみんなでお出かけするんだろうなって風景に何回も出会った。あまりに危機感がない。自分が感染源にならないって誰が保証できる? こんな状況だから首都圏の感染は更にひろまる可能性は高いように思う。そして4月になれば新天地に向かって皆さん散らばってゆく・・・。

     4月は入社・入学そして転勤・転居の季節でもあるし、そしておそらく小中高の新学期も始まる。今週末に外出を自粛してという各都県の知事の呼びかけは、まずは首都県の感染が制御できないレベルになり、それが地方にひろまってゆくという最悪のシナリオを避けるためには良いタイミングだし適切であるとは思うけど、やっぱり自粛である以上は弱いと思う。また自粛だから緊張感を持たない(持てない)人もいる、結果としてそういう人が感染をひろめている可能性が高い。

     自粛ってあくまでも自らの意思でやめるってことで、「自粛して」と言った側は責任は取らないよということ。でもそれって責任ある立場としてずるくない? 政治や行政はいつまでもその立場でいるのかな? もっと強制力のある明確な禁止・閉鎖というレベルに踏み込んで、その分、皆さんの命と生活は保障しますってなぜ言えないかな? 今年は戦車も戦闘機も買わない、新しい道路もつくらないからそれを生活費の一部と医療費に回しますぐらいのことを言っても、ぜんぜんおかしくない。これはすでに国としての戦いになっているのだから。

     ただただ最悪の事態に近づいているという自分の予想が当たらないことを祈ってます。(自分は医療従事者でもなく、偉大なる予言者でもないので、この話はそういう考えを持っているやつもいるのか、ぐらいに考えて下さい。)

     

     言いたいことを言ったので、あとは新型コロナとは全く無関係な風景をお送りします。

     

     

     ここは埼玉県の川島町を流れる荒川の土手です。

     

     

     延々と数kmにわたって菜の花に覆われた土手が続きます。

     圏央道を走っていたら、あまりにきれいなこの風景が目に入って思わず次のICで降りてしまいました。

     

     

     圏央道の橋梁、道路標識、菜の花、ただそれだけなのに絵になってる。 

     

     

     こことってもきれいなんだけど、その存在を知っている人がたまに自転車で通りかかるぐらいです。

     平和で静かです。土手でお昼寝したら気持ち良いです。ただそれだけです。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    情景のなかの人形たち 掘3 8月に開催予定の個展ですが イベント自粛かな

    2020.03.24 Tuesday 09:10
    0

       8月18日から23日の6日間、平塚市美術館で今年も個展を開催するつもりで日々準備をすすめています。

       内容としては昨年同様、創作人形、ジオラマ、ドールフォトといったところがメインになるかと思います。同じものではつまらないので、内容の1/3ぐらいは入れ替える、あるいはリメイクするつもりでいます。

       

       

       完成したものは、こんな感じでリビングの片隅に少しずつ積み上げられています。

       荷物の山の大きさは搬入に使用する我家の軽自動車の荷物スペースと同じサイズ、要するにここで積み込みのシミュレーションもしてるわけです。

       

       

       看板娘の chico ちゃんにはまたイレーヌ・カーン・ダンウェール嬢に扮してもらう予定です。

       

       準備は極めて順調でした。

       ところがここにきて、その個展のPR目的で出展予定だったアイドールの開催は延期、会場の平塚市美術館は現在休館中、市民ギャラリーで予定されていた催しも中止や延期が相次いでいるというわけで、だんだん見通しがきかなくなってきた。

       客観的に見て、個展を開催する8月までに新型コロナが沈静化するとは到底思えないし、自分としてはまだオリンピックが延期や中止にならないのが不思議なぐらいに思っているから、開催できなくなっても、むしろ当然という考えに移りつつあります。

       

       それにしても、やっぱり政治や行政がはっきりとした判断を示さないのはやっぱり良くない。最終決定は当事者が「自粛」するかどうかの判断にまかせているから、「自粛」しないって言ったらそれでおしまいじゃん。そんな雰囲気だから某競技団体がイベント開催しちゃうし、判断の甘い人間が2月、3月に入ってからスペインやイタリアに旅行に行っちゃうんだと思う。(自分はもう帰ってこなくていいって言いたい)

       経済も新型コロナの沈静化もという二兎を追い続けられないことを、もうこの2か月で充分に理解しました。そしてどっちが大切なのかも明確です。

       

       ということで今後の予定ですが、予定通りに個展の準備はすすめます。会場側が貸さないと言えばそれまで、貸すと言っても自分でちゃんとした対応ができないと思ったらもちろんやらない。

       5月6日に延期されたアイドールについては4月12日の期限ぎりぎりまで待って判断します。でも参加する可能性は低いと思う。楽しんでいってほしいけど、それが病気の蔓延につながったら悲しいからね。

       

       

      JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

      category:event | by:moocomments(0) | -

      早春のお散歩旅 2 湘南平 360°のパノラマ ソメイヨシノも開花

      2020.03.22 Sunday 14:44
      0

         今日のお散歩旅は平塚市にある湘南平です。ここは南関東360°のパノラマを望むことのできるちょっと有名なスポットかな。あとは南京錠をレストハウスに取り付けてゆくと恋愛が成就するという伝説があることでも有名です。

         

         

         

         レストハウスからの眺めはこんな感じです。伊豆半島と富士山、東京都心から房総半島、そして丹沢山系の山々が見渡せます。この季節の空気の澄んだ日は特に眺めが素晴らしい。

         

         

        nano(オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 26cm  2018 )

         

         この日はけっこう朝早くから行ったのですが、次第次第に家族連れが増えて行ってお昼にはけっこうな賑わいに。子供たちも所がなくってストレスたまってるんだろうな、みんな走り回ってました。

         ここはそれなりに有名なスポットなので土日休日はけっこう混雑します。駐車場もありますが特にこれからの桜の季節は厳しいので、早めの到着をおすすめします。ちなみに自分は原チャリだったのですが、電動アシストの自転車とか、そのあたりがいちばん無難かも。

         

         

         

         自分のおすすめはこの湘南平、もしくは大磯駅を起点にした、お隣の浅間山などを巡る高麗山公園一周のハイキングコースかな。

        (標高168mなので、よっぽど体力に自信のない人以外は大丈夫です。) 自然豊かな景観が楽しめ、様々な野鳥も見ることができます。ちなみにこの暖かさで桜も咲き始めました。

         今年は新型コロナの関係でどこも花見酒は自粛の方向にあるみたいなので、健康的にゆきましょう。

         

         モデルになっているnanoの写真も結構たまってきたので、近いうちにメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に、その画像をUPしておきます。 

         

        JUGEMテーマ:国内小旅行

        category:trip | by:moocomments(0) | -

        最近すごいなって思うもの 3 春キャベツ お刺身 松竹梅

        2020.03.20 Friday 13:39
        0

           休日の朝食はパスタになることが多いです。そして今朝食べたのはこれ。

           

           

           春キャベツ入りのペペロンチーノ。

           ニンニクひとかけと唐辛子1本をオリーブオイルで炒め(弱火)、パスタが茹で上がる直前にキャベツを湯がいてあえるってやつです。人によってはここにコンソメやブイヨンなどを加える人がいるようですが、春キャベツの素材を味わうならそのままの方がいい。今回は少量のジャコのふりかけとシソのみじん切りを最後に上からぱらぱらしています。この季節ならではの味です。

           

           春物野菜が出回るようになって、しかも最近はその値段もお安くなってきました。ちょっと嬉しい気分です。

           そういえば最近スーパーに行くと、それ以外の食材もけっこう安くなってきている。これは新型コロナのために飲食店や宿泊施設があまり仕入れができなくなって、その分、食材が余り気味になっているということと関係あるみたいです。

           

           

           クジラの赤身、これで400円ぐらい。安いな・・・、そもそもこういうものって、スーパーになかった。

           

           

           アジとイカ。もう半分ぐらい食べちゃってるけど、これで580円。

           ちなみに隣に写っているのは松竹梅の新しいお酒です。名の通った蔵の純米吟醸と比べちゃいけないけど、これもちゃんとお酒の味がする。しかも以前に飲んでいた銀パックより安くてコクがある。これコストパフォーマンスはものすごく高いです。これもお酒を科学した成果かな。

           

           けど一つ分からないことがある。

           食材が余って安くなるということは、これまで外食していた人は今何を食べているんだろう? やっぱりインスタントやレトルト、もしくは宅配を利用してるってことなんだろうね。

           時間があるのなら、ちゃんとした食材を買って自分で調理する方が安く済むし、気晴らしにもなる。休みの日にはサンドイッチでもつくって、郊外の景色の良いところまでお散歩。そういう選択肢もあると思うんだけどな。

           

           

          JUGEMテーマ:料理

          category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

          ayumi 1 自分が最初につくった球体関節人形のリメイクを始めた 最近気になること 麒麟

          2020.03.19 Thursday 04:48
          0

             アイドールに向けてつくっていた1/6オリジナルドールの制作が一段落したところで、次のお人形作りに入ることにしました。まったくの新作の制作も考えていたのですが、とりあえず最近可愛がってあげられない旧作品も多くなってきたので、もう一度そのリメイクにとりかかることにしました。

             

             

             こちらは ayumi 、15年前に自分が最初につくった球体関節人形です。いろいろなものを参考にしながら1年半近くかけて完成させました。

             当時は作り方ってものを理解していなかったし、「吉田式 球体関節人形 制作技法書」(名著)という教科書的な本もなかったので、えらく時間がかかったのを覚えています。概形は2か月ほどで完成したものの、あちこち手直ししていたら、2作目より完成が遅くなっちゃった。

             

             

             15年前の第1作としては良くできている。細かな造形が今一つの部分はあるけれどバランスは悪くない。この画像を見ながらどう手直ししてゆくか考えています。

             まずは手足や肘のパーツは強度に勝るレジンに置き換え、鉄やネオジムを埋め込んでマグネット仕様にするという、最近つくる人形のスタンダードな形式に変更する。腰の関節をつくってポージングの自由度を増す。あとは関節部分の精度を高めるぐらいでも良いかもしれない。今見ると人形作りの技術としては今一つなんだけど、この作品には人形作りに向かうピュアな姿勢が見えている。これは自分の作品づくりの原点として、その雰囲気はそのまま残しておこうと思います。

             

            ayumi

            仕様:身長52cm(1/3スケール)テンションゴムを用いたオリジナル球体関節人形(2005年制作)

            素材:ラドール、モデリングペーストによる表面仕上げ プラスチックアイ、ドールヘアは貼り付け式 リキテックスとMr.カラーによる着色 Mr.カラーのつや消しクリアーのコーティング

             

             

             

             この作品を保存していたのは、4.5畳の自分の部屋の隅っこにある約半畳の収納スペースです。ここに旧作品や参考にしたSDやDD、海外のキャストドール、他の方のつくられた創作人形なんかが置いてあります。この作品を取り出そうと、あれこれ引っ張り出したら、あっという間に4.5畳はこのありさま。chico ちゃんも隅っこに追いやられています。

             そして信じられないことに実はこれが全部じゃなくって、収納の更に奥にはまだ1/6のドールやフィギュアが100体以上ある・・・。

             実は最近気になっていたんです。もしかしたら自分はドールコレクターとしてはすでに破綻しているのではないかって、それが今回、あらためていちばん奥にあった作品を取り出したことで気づいた。

             しかしまさかこれほどだったとは・・・。

             しまいっぱなし、遊んであげられない、というのはお人形の価値をすでに見出していないと言われても仕方ないので、可愛そうだけど、少しクリーニングしてヤフオクあたりに出すことにします。

             昔はこういったお人形達を参考にして自分のドールをつくっていたんだよね、ありがとうって気持ちです。

             

             気になるって言えば新型コロナはもちろんだけど、NHKの大河ドラマも気になる、良くない意味で。大河ドラマはそれなりによく見るのだけど、今回の「麒麟」は全く入り込めないです。

             まずはあまりにも派手な衣装、この時代にそんな色合いの染料はなかったんじゃないの?

             戦いのシーンにも緊迫感がない。そのなかでも丸太で城門を破るシーンがいちばんひどかった。城門を破った瞬間、丸太を捨てて身構えるかと思ったら、そのまま丸太を持ったまま、あんたら狙われてるんだから必死の形相でどこかに隠れなよって感じです。

             鉄砲を撃つシーンもダメ、銃弾が打ち出された瞬間のリコイル(反動)を正しく演技している役者は皆無。丸顔の信長が出てきたところで、自分としてはもういいかなって感じです。

             戦いのシーンでいうのなら、アニメのクレヨンしんちゃん「あっぱれ戦国大合戦」の方がずっと上、比較するのもおかしいけど、時代考証や構成でこれを超える大河ドラマや映画は少ないと思います。というか「あっぱれ戦国大合戦」は間違いなくアニメ史上の名作なんだけど・・・。

             NHK大河ドラマの方に話を戻すと前作「いだてん」の方がずっと良かった。時代劇じゃないって理由で、はなから見ない人も多く、視聴率もそれほどじゃなかったみたいだったけど、実に細かなところまで調べて再現していた。こんなことがあったの? みたいなことも多くて勉強になった。「いだてん」は実に破綻するディテールの少ない作品でした。パーフェクトなジオラマのなかで演技力のある役者が熱演していたという感じで印象に残る作品でした。もともと江戸以前の時代ものでないと当たらないという日曜8時の枠なので、こういうテーマを持ち込んだ時点で相当な覚悟と準備はあったはず、実際それが生きていた。

             

             ミニチュアやジオラマをつくるってどういうことかというと、単に実物を縮小することではない。イメージする空間を再現するってことです。だから確かに本物に似ているってことは大切だけどそれがすべてじゃない。実は本当はそんなことないんじゃないのって部分があっても、それがその空間内で話として完結していれば良いわけです。ブライスってお人形があるけれど、そんなに目が大きいのはおかしいって人はいない、全体のバランスから考えればむしろ自然です。

            「麒麟」は舞台でやるんだったらそれでいいんじゃないって感じです。架空の空間内で派手な衣装、そして形としての切りあいがあって話がすすんでゆく、そこに破綻はない。だけどリアルな空間のなかで話をすすめて行くには無理がある。これがジオラマをつくる人間としての率直な感想です。

             

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -

            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング