TBLeague PHMB2018-T01A 3 田中達也ふうに情景をつくってみた

2019.06.18 Tuesday 14:18
0

     TBLeague の新しい1/12アクションフィギュアだけど、スケールが小さいだけあって、顔を極端なアップで撮影するような性質のものではなさそう。つまりはドールハウスとか、ジオラマのなかに組み込んで遊ぶのが良いかと判断しました。

     ただそうするとフィギュア本体だけでなく手間をかけて背景までつくらなくちゃいけない。でもそれはそれでとっても大変。

     

     ということで思いついたのが、最近になって影響を受けつつある田中達也氏の作品。日常的なものを別なものに見立ててフィギュアをそこに配置し、一つの情景として完成させるという手法です。

     

     

     そこで目についたのが化粧品です。

     最近ではDOLL制作に欠かせなくなった手持ちの化粧品ですが、これでコンサートのステージを再現できそう。アイシャドウパレットは蓋を開いてキーボードに、ファンデーションはモニタースピーカー、チークはアンプ類に見立ててこんな感じにまとめてみました。つくったのはマイクスタンドのみです。

     

     

     きっとこういうのもありだよね。

     すでにあるものを見立てるだけなので、アイディアさえ思いつけばすぐにも組み立てられるというのはとても効率が良いです。ということで、ちょっと seria あたりに行って次の作品のアイディアを練ってみようかと思います。

     

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    category:diorama | by:moocomments(0) | -

    センス オブ スケール展 横須賀美術館企画展

    2019.06.15 Saturday 16:04
    0

       極小の世界から宇宙レベルのひろがりまでを体感する特別展が横須賀美術館で開催されているというので行ってみることにしました。絵画、写真から立体造形までいろいろなものが展示されていたのですが、ミニチュアや立体造形のものはその多くが撮影可だったので、ほんの一部ではありますがレポートしたいと思います。

       

       

       こちらはNHK朝の連ドラ「ひよっこ」のオープニングで一躍注目を浴びた田中達也氏の作品です。「見立て」というジャンルを確立し、今はどこに行っても大注目です。

       1/32から1/150のフィギュアで様々なシーンを独特の切り口で再現していますが、その発想の豊かさに感心してしまいます。

       

       

       こちらはサンドイッチでロッククライミングのシーンを再現してます。いつも思うんだけど食べ物の再現が本当にうまいね。

      (もちろん作品は食べられないものでできてます)

       

       

       

       

       

       こちら2枚は和風ドールハウス作家の高橋勝美氏の作品、スケールはおおむね1/24程度です。ただ単に空間にぎっしりと詰め込んでいるだけでなく、季節とか時間帯、生活感のようなもの、そういったシチュエーションやディテールが実に緻密で破綻がない。

       

       

       

       

       こちらは岩崎貴宏氏の少し変わったです。壁一面が銀色に塗られていて、よく見るとところどころに無数に白い点が打たれている。(まるで宇宙のなかの星みたいに)

       そしてその上に、こんな感じで更に銀色のパネルが貼られている。

       

       

       そのパネルを虫眼鏡で覗くと、こんなシールが無数に貼られている。これ自体が横須賀や広島を表現する地図でなんだそうです。(ちなみに銀色の表面はガムの包み紙) これもまた気が遠くなるような作業だな・・・。

       

       

       

       

       

       こちらは高田安規子・政子氏の作品。切手をジグソーパズルにしちゃいました。一片が2mm四方の範囲に入るぐらいの大きさです。まさに紙業(神業)だね。

       

       

       同じくこちらは直径は7~8cmぐらいのコロセウム。一見砂でどうやって作るのか疑問に思ったけど、実際は軽石を加工したもののようです。

       

       こちらの会期は6月23日(日)までと、あとあまり時間もないのですが、特にミニチュア好きでなくとも十分に楽しめる内容になっていておすすめです。

       あと横須賀美術館には初めて行ったのですが、美術館自体の所蔵品も豊富なようでその常設展示のボリュームがまたすごい。またレストランも人気で、浦賀水道を行き交う船を眺めながらのお食事やお茶も良いと思います。

       

       もう少し詳しいレポートはメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

       

       

      category:event | by:moocomments(0) | -

      iria 新しい球体関節人形 7 DOLL本体が完成する前に

      2019.06.14 Friday 06:06
      0

         新しい球体関節人形は少しずつ作業が進み、やっとドールアイとウイッグを選べるような段階になりました。

         

         

         眉毛をうすく描いただけの状態で、ドールアイとウイッグの組み合わせを何回も変更しながら撮影します。それらを比較し選んだのが、こちらのラメの少し入ったゴールド系のアイとナチュラルブロンドの組み合わせです。

         自分の場合、数百円の安いグラスアイとパラボックスさんで購入したごく普通のウイッグをたくさんストックしていてそのなかから選ぶようにしています。

         1体のお人形をつくるために、そのつど特別なものを購入するという考えもあると思いますが、実際に組み合わせみたらイメージの合わないなんてこともあります。自分としては経験上、安価でもたくさんなかから選んだ方が良い結果が出るように思っています。(その方がダメージも少ない)

         

         実のところDOLLづくりに熱中していると忘れがちなことが一つあります。それは保管の問題です。

         DOLLはそれなりの強度を持っていますが、やはり放置しておくと埃もかぶるし傷つくのも怖い。だから完成した時点でそれを保管する箱などはすでに準備ができている必要があります。

         

         

         そしていろいろ探して(自分でつくったこともある)たどり着いたのがこちら。

         そもそもは一升瓶の輸送用の箱です。用途が用途だけに強度は十分で、内部を保護するような構造になっています。自分の場合には天地にスポンジを貼り付けて更に安全性を高めています。サイズ的にも1/3DOLLにはぴったりで、DOLLが中であばれてしまうようなこともありません。あとドールの一般的な箱なんかよりずっとコンパクト(半分以下の体積)なので、収納も場所をとりません。

         

         

         

         さてここに素のままでDOLLを入れるわけにもゆかないので、包むものも用意します。

         こちらはサテンを60cm幅に切り、端を処理してから三つ折りにし、底の部分(画像の黒い線の部分)を縫い合わせたものです。この袋と少量のプチプチでドールを包めば、収納方法としてはほぼ完ぺきだと思います。

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました

        2019.06.12 Wednesday 08:55
        0

           先日購入した1/12のTBLeagueボディですが、手抜きなしの良い出来。でも付属のヘッドは今一つの出来です。やっぱりそのままでは使えないな。

           

           

           リペイントやメイクでなんとかなればとも思ったけど、どうみても難しいので、必要最小限のリメイクを試みることにしました。

           

           

           まず実行したのは、突き出した顎を削ること、それから鳥のくちばしのような唇の形をデザインナイフで整えること。これだけでだいぶ良くなった。

           次に彫りが浅く平坦な感じだった眉間に瞬間接着パテを盛り形状を整えます。

           

           

           

           吹き付け塗装はそもそも厳しいので、メイクは人間用のファンデーションで行います。ファンデーションを少しずつのせ、そのあと艶消しクリアーを吹き付けるという作業を何回か繰り返します。

           

           

           

           眉毛やアイライン、唇といったところは極細の筆で仕上げます。

           途中、何回か写真を撮りながら調整を繰り返します。このスケールだとモニターで拡大して確認するのは必須だね。

           

           

           

           ここまでの作業時間は1時間半ほど、最初よりは少し美人さんになったような気がします。

           とりあえず完璧な出来ではないけど、マクロモードで超拡大しなければ大丈夫でしょう。

           

           

           

           問題はピコニーモ用の洋服のなかに合うものがあるかどうか。

           あとこれだけ小さいと、写真を撮影するにもこれまでとは違ったシチュエーションを考えなきゃいけないかな。

           

           

          JUGEMテーマ:ドール

          category:doll | by:moocomments(0) | -

          chicoちゃんの日記 3 梅雨入り

          2019.06.10 Monday 05:17
          0

            梅雨入りしました。

            お天気が悪いとお散歩しても楽しくない。

             

             

            ということで、うちの chico ちゃんと遊びます。

             

             

             

            昔の本を整理していたらつい読み込んでしまって、お部屋がこんなんなっちゃいました。

             

             

             

            たらぴよとお話ししますが、chico ちゃんはすぐに飽きてしまいます。

             

             

             

            なんだかんだで、週末がつぶれてしまいました。(創作活動はしたけど)

            あーあ、やっぱりお出かけしたかった・・・。

             

             この chico ちゃんは格安の中国製ラブドールに自分で手を加えたものなんだけど、最近は失礼ながら女優の有村架純さんに少し似てきたような気がする。

             chico ちゃんの日記はメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

             

             

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -

            Calender
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            ジオラマランキング