ドール&フィギュアの写真 8 ストロボは使わない

2019.10.22 Tuesday 06:04
0

     前回まではドール&フィギュアの撮影に向く機材の話でしたが、ここからは少しずつ実際の撮影についてもお話ししたいと思います。まず最初はストロボの話です。

     ほとんどすべてのカメラに当たり前のようにストロボはついているけど、「暗いところを明るく写すためにはストロボを使う」みたい発想は自分は持っていません。

     

     

     これは Canon の G7X というコンパクトなカメラで撮影したものです。やや暗めの室内で付属のストロボで撮影しました。問題は多数あります。

     画像の中央は明るさは良いのですが、四隅は暗く写ってしまっている。これは接近して撮影しているので、ストロボから遠いところでは光が足りなくなっているということです。また膝のあたりは逆に近すぎて光ってしまっている(白トビ) 更には人形の背後に不自然な強い影が出ている。これは構えたカメラのレンズからやや左側にストロボがついているためで、これも近づいて撮影すると目立ってしまう。

     

     

     

     これを少しでも良くしようとした結果がこれ。影が目立つ内側でなく外側に出るように、カメラを180°ひっくりかえして構えなおし、なおかつティッシュペーパーを1枚にはがしてストロボにかぶせてみた(ディフューザーのかわり)

     白トビは軽減され明暗の差も若干改善された。でも強い影は幾分薄れたけど、まだまだ残っている。これはストロボが点光源であり、かつレンズから離れているために生じる現象だからです。

     それでもストロボというのであれば、大型のストロボにちゃんとしたディフューザーをつけるか、バウンスといっていったん天井や壁に光を反射させて全体を明るくするストロボを用意する、または本体のストロボに連動して光る外部ストロボを使う・・・といった方法が考えられるけど、それじゃぜんぜんお気軽でない。

     

     

     

     自分の場合、暗いからと言ってストロボを使うことはほとんどないです。そもそもメインで使っている Panasonic の GX8 にはストロボがついていないけど、それで困ったことはないです。

     使用しているのは乾電池式の撮影用LEDです。おそらく Amazon あたりで探せば600円ぐらいからあるんじゃないかな。スマホでも使えるリング状のものもありますが、これもまた便利です。

     

     

     

     あらためてこのLEDで撮影しました。点光源でなく面で光を照射しているので、強い影ができにくく白トビや四隅の暗さも気になりません。そして何より嬉しいのはストロボと違って見た目の通りに写ること、ストロボだと実際に光らせて画像を確認するまでは結果が分からない。

     でもこのライティングはあまりよくないです。正面からの光なのでコントラストがなく、お人形の顔が平坦に見えてしまっている。

     

     

     

     そこでお人形を少し斜めに立たせてポーズをとり、LEDの位置も変えてみた。室内照明とLEDでここまで写ります。最初の画像とは全然違うでしょ?

     あと、ある程度明るい条件でも自分はLEDを使います。その最大の理由は瞳がキャッチライトして輝くからです。これでいちだんとお人形が可愛く見えます。ちゃんとしたアイの入ったお人形をお持ちなら、ぜひ試してみて下さい。

     

     以前の「RAWで撮影して明るさを調整する」については、その内容を整理して、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にも準備が整い次第、記事をUPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -

    nano 1/12は難しい 

    2019.10.19 Saturday 04:33
    0

       以前は1/3や1/6といったスケールがドールのメインストリームだったけど、巷では徐々に小スケール化が進行し、figmaほかアクションフィギュアの分野ではすでに1/12のスケールが確固たる地位を築いている。

       

       

       自分も pico というシリーズをつくって、以前はイベントでも販売したことがある。これはピコニーモボディにオリジナルヘッドを組み合わせたもので、こんな感じでポケットにも簡単に入る。だからお散歩の時に連れて行くのも簡単です。

       あと1/12はドールハウスのスタンダードスケールなので、情景のなかに組み込んでゆくときにも便利。

       

       

       

       けどこのサイズのウイッグは存在しないのでヘアーは極細のものを成形して貼り付け、アイも極小のものをUVレジンで自作。だから制作は1/6のドールヘッドよりずっと手間がかかる。

       もちろん大きさ2cmしかないヘッドなのでするっと出来上がることはなく、撮影して違和感のあるところを見つけ、これを修正することを繰り返して完成度を高めてゆく。

       

       

       今のところアップで撮影してもOKなのはこの娘ぐらいかな? 最近やっとメイクが決まってきたように思う。

       アニメ顔ならもっと簡単に制作できそうな感じだけど、植毛、入れ目タイプのお人形だと、自分には多分このスケールが限界です。

       

       

      JUGEMテーマ:ドール

      category:doll | by:moocomments(0) | -

      akane コスモスと百日草

      2019.10.17 Thursday 06:35
      0

         今回は昨年制作したオリジナルの球体関節人形 akane です。お散歩のときに撮った風景を背景にして、ドール画像と合成してみました。

         

         

         

         

         

         akane は既製品に見えてしまうみたいですが、ラドールプレミックスとプルミエという粘土からつくった手づくり品です。一応、念のため(身長56cm)。またお洋服はjetrunner;Dのみけ様の作品です。

         ご覧いただくと分かるように、GIMPという無料のグラフィックツールを活用して様々な画像加工を加えています。自分の造ったお人形でこういった遊びをするって、けっこう楽しい。

         ほかにもいくつか作品をつくったので、そちらは準備が整い次第、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。 

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        小さな丘の風景・春 1 イメージはスコットランドあたりかな

        2019.10.16 Wednesday 04:06
        0

           前回、雪景色で仕上げた小さな丘の風景ですが、今度は可憐な花の咲く早春の景色で仕上げようと思っています。イメージとしてはスコットランドやアイルランドあたりかな。

           

           

           ベースは前回の雪景色のジオラマから型どりしているので簡単です。素材はラドールプレミックスという粘土です。

           まずはタミヤのテクスチャーペイントの土・ブラウンをさっと塗り、次に草・カーキで土の上に残る枯草の質感を表現します。そのうえで道になるところをマスキングして、グリーンのパウダーをまいてベースを仕上げてゆきます。

           

           

           

           この丘の上に立つ1本の樹はオランダドライフラワーをもとにしてつくります。コースターフを水で薄めたボンドで貼り付け、さらにその上からグリーンのパウダーをまいて葉を表現します。

           

           

           

           これら2つを組み合わせたのがこの状態です。なんとなく清々しい風景になったね。ここから何かドラマを感じるようなテクスチュアやフィギュアを配置してゆこうと思います。

           

           

          JUGEMテーマ:模型製作

          category:diorama | by:moocomments(0) | -

          台風19号 とりあえず無事でした

          2019.10.14 Monday 09:01
          0

             あちこちで猛威を振るった台風19号ですが、とりあえず自分の家は大丈夫でした。でも中心付近の気圧が915hPa、最大瞬間風速75m/s、しかも真上を通過するコースだったので、さすがに今回はちょっと焦りました。最近の台風の進路予想はほとんどはずれることがないしね。

             一昨日、テレビつけてたら避難情報のレベルが黄色からオレンジに変わり、周辺では赤や紫のところまで出てきた。なのでさすがに避難のための荷造りもしました。

             

             

             バッグには財布と保険証、着替えとスマホ、モバイルバッテリーになぜかカメラとお人形。もういつ避難指示が出てもいいように覚悟を決めました。

             

             台風の最接近はおそらく午後8時30分ごろでしたが、風向きの関係なのか風もそれほど強くならず、まわりに大きな河川もなかったので、9時をもって我家の避難準備と待機は終了しました。水や食料も用意したけど、今回は出番がありませんでした。

             

             

             

             前日、停電ぐらいはするかもしれないということで、冷凍庫にあったものを解凍して食べることにしました。画像の上は冷凍シーフードミックスとアスパラガスの中華風炒め物、下は解凍したイタリア産の豚バラとブロッコリーの軸、納豆の豆板醤炒めです。この豆板醤炒めが実においしかった。

             自分は料理のレシピなどはほとんど見ないで、基本的な知識と直感で料理するタイプなのですが、こちらは近年の傑作の一つかも。

             

             

             台風通過後の翌朝、非常食の一つとしてたくさん野菜ジュースを買ったのでこれを素麺のスープにしてみました。kagomeの野菜ジュースにお醤油とめんつゆを加えてつくります。これがまたむちゃくちゃおいしい。なんか分かんないけど、今回お人形以外の分野でも、ちょっとまた女子力が上がった感じです。(男子ですが)

             

             一日が経過してもまだまだ被害は拡大していて、自分のところも停電しているところや電車の不通区間があります。

             台風は地球温暖化の影響もあって、来年以降もこういったすさまじい台風が頻繁にやってくるような気がします。だから何か根本的な対策をとらないといけないように思います。

             それから、もっともっと自然災害に対して慎重であるべきだろうな。

             そしてそもそも「想定外」ってよく言うけど、人類の歴史だなんて地球の歴史に比べればほんの一瞬です。全体が氷に覆われていた時代もあれば、恐竜のいた時代には平均気温が40℃に近かったとも聞く。今自分が知りえることは、過去のほんの一部でしかないことが事実です。

             ということでいろいろ考えてしまった3日間でした。

             

            category:days | by:moocomments(0) | -

            Calender
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << October 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            ジオラマランキング