情景のなかの人形たち 掘18 その後の反省会 それからリモートについて 

2020.08.25 Tuesday 14:38
0

    「情景のなかの人形たち」無事に終了しました。入場者数は6日間で、昨年の1/5にしかならない150名ほどでした。

    今回はその後の話です。

     

     

     最終日の夜はこれまでだったら「打ち上げ」に出かけるところですが、今年はおうちでささやかに「反省会」です。

    (上の画像のリステリンはもちろんジョーク)
     

     

     新型コロナの影響が大きいとは思っていたけど、正直ここまでとは思わなかった。数字だけ見ると惨敗って感じです。

     いつもだったらジオラマのまわりは子供たちでいっぱいになるけど、夏休み短縮で学校はすでに始まっている。状況からすれば、興味があって自家用車で来られる近隣の方、もしくはご近所の方が散歩がてらに訪れるとか、見に来られる方はかなり限定された範囲になるとは思っていた。

     だからあとは通りかかった方に少しでも気づいてもらえるよう、入口に大きな写真パネルを置いたり(上の画像)、イレーヌ・カーン・ダンウェール譲に扮した chico ちゃんを窓際に置くとか、そういう工夫をしたけど、そもそも酷暑で通りを歩いている人もいなかった。

     

     では全くダメだったのかというと、もう一つ別の数字もある。

     今読まれているこのブログの8月のアクセス数は「情景のなかの人形たち」が終了した23日時点で、すでに12,000という、これまででは考えられない数字になっている。(昨年8月一か月間の約5倍以上)

     それはもしかしたら、見に行くことはできないけど、せめてブログでその内容を知りたいという人が多かったのかもしれません。

     

     もしそうであるならば、ここはリモートで「情景のなかの人形たち」の世界を引き続きご覧いただくのも一案かと考えました。

     ジオラマの方は作品の半分以上をすでにご紹介していますが、160に及ぶ写真はこのブログ上でほとんどお見せしていません。ということで、画像作品の中から自分が選んだものをいくつかご覧いただきたいと思います。

     

     

    <1 DOLL写真>

     自分の作った人形や市販の人形の中でも特にお気に入りのものを撮影したコーナーです。

     

     

     1/3オリジナル球体関節人形の akene 、粘土による手作りのドールです。これは完成直後に撮影したものです。

     いままで30体以上の作品を作ってきたけど、その中でもいちばん完成度の高い作品の一つです。でも実は制作にはあまり苦労した覚えがない、何かが天から降りてきて、するするっと出来上がってしまった。こういう経験は過去2回だけ。

     

     

     

     1/6オリジナルドールの nano 、レジン製オリジナルヘッドにオビツSBHボディ、もしくはTBLeague s26Aボディを組み合わせたドールです。お散歩や旅行のときには必ず連れてゆく、今となっては相棒みたいなものかも。

     入れ目+ウイッグ仕様で、ヘッドのつくりは球体関節人形と同等です。以前はドールイベントなどで販売していたこともあります。

     

     

     

     以前に発売されていた J-DOLL の Koningslign というドールです。(1/6スケール)

     J-DOLL は「入れ眼」と「ウイッグ」という他のドールにない特徴を持ち、世界の通りの名前をイメージした独特な衣装が特徴の人形でした。自分との波長が合って40体以上も購入したと思います。(現在は生産終了、もしかしたら製造原価が高すぎたのかも)

     このJ-DOLLが手に入らなくなったので、上のオリジナルの nano というドールをつくり始めたというわけです。

     今でも素敵なドールだと思う。探すとたまにヤフオクあたりに出てきます。

     

     

     

     自分はけっこうなドールコレクターで、そのほかにもいろんな色々なお人形を持っています。

     こちらは、赤ちゃんのお人形で有名な Ashton Drake 社の Delilah Noir ”Debut” (1/4スケール、生産終了、入手困難)。セカイモンを通してアメリカから9000円ぐらいで個人輸入、このほかにもお洋服1セットがついていて、すごくお得でした。

     でも結局、このシリーズも5作ぐらい出たところで販売終了になってしまった。

     上のJ-DOLLもそうだけど、DOLLという趣味の世界だと、必ずしも良いもの、手間のかかったもの売れるというわけではないという例の典型ではないかと思います。

     今はというと、このサイズの中国製の球体関節人形が、送料込み5000円ぐらいで購入できちゃったりするわけで、個人でも企業でも新規参入はかなり厳しいと思います。

     

     

     

    「情景のなかの人形たち」の看板娘 chico ちゃんです。いつもルノワールのイレーヌ・カーン・ダンウェール譲に扮してもらっています。もともとは amazon で売られていた100cmサイズのいわゆるラブドールです。(中国製、これも3万円ぐらいから買えたりする)

     そのままだと見栄えが良くないけど、いろいろと手を加えてあげると、見違えるように可愛くなります。あとは3歳児用の服を着せてパソコンの前に座らせると、ちゃんとお仕事しているように見える。

     欠点は重いこと、これで12kgあります。着換えさせるのは一苦労です。

     

     前にも書いたけど、ドールってただ飾っておくものじゃない。着換えさせたり、写真撮ったり、いろいろ遊んでこそ価値が出てくると思う。

     

     

    JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

    category:event | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
      moo
    • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
      Kaihara
    • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
      moo
    • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
      isosi
    • ドールハウス 2 家具作りしています
      moo
    • ドールハウス 2 家具作りしています
      totochan(ととちゃん)
    • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
      moo
    • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
      totochan(ととちゃん
    • 秋桜
      moo
    • 秋桜
      マチャ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    瞳に四角い鰯雲 - にほんブログ村

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング