泡盛や焼酎は飲みやすくなった 島唄 鳥飼 

2020.05.24 Sunday 17:25
0

     お酒はけっこういろいろなものを飲んできて、それなりにみんな好きなのですが、ずっと以前はあの独特のにおいが好きでなくて、芋焼酎だけは飲んでなかったな。それが最近は麹や蒸留方法の工夫によってどんどん飲みやすくなってきた。
     そして先日、たまたまスーパーで目についたのが泡盛、泡盛は一説には芋焼酎の祖先とも言われているお酒なわけで、やっぱり独特の癖のようなものが好きでなかった。

     正直こちらはここ何年も飲んでいない。でも考えたら芋焼酎同様、いろいろ工夫されてきているんじゃないだろうかと思って試しに買ってみた。

     とりあえず水割りで飲んでみたけど、ものすごく飲みやすくなっていました。上品なラムのような感じと言ったら良いのかな?

     何かすでに知っている人には笑われちゃいそうですが。

     

     

     もちろんそのまま冷やしてストレートでもOKですが、柑橘系のものとの相性も良さそうなのでカクテルに仕上げました。

     島唄コップ1/4に凍らせたレモン(1/8切)を1つ、ここに良く冷えた炭酸水で満たします。氷の代わりに凍ったレモンを使うのがポイントで融けて薄くなりません。間違いなく夏向き、絶好の一杯。

     

     

     ついでに言うと、自分が焼酎に対する見方を一変させたのがこの鳥飼という米焼酎です。

     吟醸酒にも勝る香りとすっきりとした飲み口、そして何より食べ物の素材そのものを生かしてくれるような味わいが素晴らしい。白身魚や貝類との相性も抜群です。

     それでこの鳥飼の飲み方で、自分が思っているいちばん良い方法はやっぱり前割かな。

     どうするかというと、まずは素焼きの器に鳥飼を注ぎ、全体量が1.5倍ぐらいになるように水を加えます。(好みではありますが、アルコール濃度15%前後が良いと思います) そしてこれを冷蔵庫のなかでしばらく冷やしておく。前割に使う容器はいろいろ試してみたのですが、結果としてはなぜか素焼きのものが、いちばんまろやかで美味しかった。

     

     ちなみにこの鳥飼酒造は熊本県は人吉市、人里離れた清流の流れるところにあると聞きます。(ぽつんと一軒家にも登場した)

     ぜひ一度訪ねてみたいと思うのですが、まだまだこの夏はいろいろと厳しいだろうな・・・。

     

     

    category:days | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
      moo
    • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
      Kaihara
    • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
      moo
    • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
      isosi
    • ドールハウス 2 家具作りしています
      moo
    • ドールハウス 2 家具作りしています
      totochan(ととちゃん)
    • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
      moo
    • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
      totochan(ととちゃん
    • 秋桜
      moo
    • 秋桜
      マチャ
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    瞳に四角い鰯雲 - にほんブログ村

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング