福井に行ってきた 2 恐竜博物館 越前海岸 それから越前ガニ

2020.01.19 Sunday 04:55
0

     福井でいちばんの観光すスポットといえば福井県立恐竜博物館でしょう。(勝山市 入館730円)

     このあたりは福井県でも少し奥まったところにあって雪も多い。スタッドレスタイヤは履いているけど、天候によってはチェーンが必要になるかも・・・なんて来る前は少し思ったけど、実際にはここもぜんぜん雪がない。本当に記録的な暖冬だね。

     

     

     入館すると、まずは動く巨大なティラノサウルスがお出迎えです。これがまたけっこうな大迫力です。

     つい30年ぐらい前までは日本には恐竜がいなかったとされていたのですが、ここ福井県でその化石が発見され、今ではこのあたりを中心に多種多様な恐竜が生息していたことが分かってきた。

     

     

     このほかにも巨大な骨格模型や再現映像、当時の時代を再現したジオラマなど内容は盛りだくさんです。ここも福井に行ったら外せないところです。

     恐竜のいた時代は地球の平均気温が、一説には40℃近かったという話もあったわけで、そういう意味では今少しずつ恐竜のいた時代に変わりつつあるのかもしれない。

     

     

     エントランスに降りて行くこのエスカレーターが絶好の撮影ポイントです。

     

     

     この日は福井市内のホテルに宿泊し(二人で1泊5800円!)、翌日の計画を練ります。

     どうやらお天気は下り坂で、それでもまだ南の方に行くほど降水確率は低いみたい。ここは雨の中の東尋坊みたいな風邪をひきそうなプランはやめて、まだ行ったことのない敦賀方面へと向かうことにします。

     

     

     

     まだ暗いうちにホテルを出て、越前海岸にやってきました。(越前スイセンの里 駐車場あり)

     あいにくの曇り空だけど、山いちめんが水仙に覆われいる。

     

     

     今年は開花が遅れているそうで、1月半ばの今頃でもまだまだ見頃でした。暖冬で雪がないので、これから2月ぐらいまでは楽しめそうです。

     

     

     

     ここでのお土産は越前ガニ。前日は福井市内の居酒屋で美味しいものを食べたけど、越前カニはやっぱり高級品でちょっと手が出なかった。ここは旅の思い出って意味で、小ぶりなものを買って帰りました。

     酢と梅と白だしでカニ酢をつくり(連れはそんなものいらないと、ばくばく食べてた。せっかくつくったのに・・・)、これに合わせるのは恐竜博物館の手前で見つけた吉田酒造の「白龍純米吟醸生原酒」。こちらは全国で最年少の女性杜氏が醸したもので、口に含んだ瞬間はやや濃い目の飲み口。でもキレがとっても良くってカニに合いました。もっと買ってくれば良かった。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング