福井に行ってきた 1 一乗谷 永平寺 それからソースカツ丼

2020.01.18 Saturday 06:59
0

     連休ということで、急に思いついて旅行に出かけることにした。

     え、でもどこに行く? 今週末は全国的にあまりお天気が良くなさそうだけど、何か低気圧の狭間で日本海側の金沢より西側がちょっと良いみたい・・・。

     ということで福井市内のホテルに予約を入れ、翌日は自家用車で早朝4時に出発です。計算上は片道5時間半です。途中、2回ほど休憩を入れ、福井県にやってきたのは午前10時ごろ。

     

     

     こちらは一乗谷遺跡です。戦国大名の朝倉氏の居城のあったところです。ブラタモリで紹介されたときからぜひ一度見たいと思っていました。(国の特別史跡、特別名勝、需要文化財、資料館の共通観覧券が250円)

     朝倉氏滅亡の後、城郭とこの街並みは放棄されたままでしたが、近年その遺構が調査発掘され、その一部はご覧のように復元されて、いにしえの街並みを散策できるようになっています。

     

     

     

     ある意味すごくリアル。ここに今、朝倉氏の人々や町人が歩いていてもぜんぜん不自然じゃない。ほんとタイムスリップした感じです。

     

     

     谷の中央には一乗谷川が流れ、これを挟んだ西岸には城下町、東岸には朝倉氏の館があります。お城自体は朝倉氏の館の背後にある山の山頂に築かれていました。

     山間には何本もの沢が流れ、とっても水の豊かな場所です。だからなのか、どこを歩いていても地面がスギゴケに覆われ、まるで緑の絨毯みたい。

     

     

     こちらは朝倉氏の館のなかにある庭園、流れる水と苔が印象的。

     ここにいると何か戦国時代につくられたことを忘れてしまいそう、それほどに優美です。

     福井に旅行するならここは外せない。

     

     

     

     お昼になったので、近くの道の駅で昼食です。オーダーは名物の越前おろしそばとソースカツ丼のセットです。(一乗谷あさくら水の駅、お値段は1000円ぐらいだったと思う)

     そばはともかくとしてソースカツ丼は初体験です。これが思ったよりというか、本当に美味しい。ソースが決め手だと思うのですが、単なるウスターソースじゃなくて、何かここに秘密があるんだろうな。

     

     

     

     午後はそのまま北上して永平寺へ。

     永平寺は1244年に道元禅師によって開かれた座禅修行の道場です。(見学500円)

     とても雪深いところにあるので、あちこち雪囲いされています。ただ今年は例年にない暖冬で、日陰にさえ一掴みの雪もない・・・。もう真冬の1月半ばだというのにな。

     

     

     

     

     山の斜面にたくさんの修行の場所があって、その建物の一つ一つが廊下や階段でつながれています。

     

     

     

     荘厳で重厚、そして凛としているというか、何一つスキのない感じで背筋が思わず伸びます。

     

     

     雪が積もっていたらまた良かったんだろうな・・・。

     このあと旅は恐竜博物館へと続きます。何か今回は福井旅行の王道をいっている感じだね。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング