真冬のハイキング 渋沢から松田

2020.01.14 Tuesday 05:49
0

    「一駅歩き」みたいなお散歩はよくやります。普段は何も知らずに通り過ぎてしまうようなところでも、実際に歩いてみると何かしら新しい発見があるからです。そしてその道が古くからあるようなところだと、なおさらその可能性が高いです。

     ある日地図を眺めていたら、小田急線の渋沢駅から新松田駅の間を結ぶ、そんな一本の道を見つけたので歩いてみることにしました。(頭高山ハイキングコースの一部)

     

     

     出発地点は渋沢駅。ここに国栄稲荷神社があります。(創建等は不詳)。

     この神社は昔から養蚕農家からの信仰が厚かったそうで、かつては2月の午の日に競馬の神事が行われていたそうです。あと樹齢400年の銀杏があって、この樹は縁結びのご利益があるみたいです。

     

     

     

     今回はこの渋沢駅南側の丘陵地帯を歩きます。坂を上ってゆくと、あちこちから水が湧き出していることに気づきます。

    (このあたりはちょうど活断層の側面部分にあたる)

     近くには、地元の人たちが整備したホタルや沢ガニのいる公園もありましたが、今回はさすがに時期外れで沢ガニも冬眠中。こちらはまた今度来ることにします。

     

     

     

     風景はのどかな農村そのもの、無人販売所もあります。

     

     

     

     大きなお寺を通り過ぎ、ハイキングコースの入口にたどり着きました。

     こちらの白山神社はこのあたりが千村と呼ばれていたころの村の鎮守だったそうです。創建等は不詳なのですが、ものすごーく昔からあるみたい。

     深くて暗い林の中にあって、今にも何かが出てきそうな感じ。このあたりはまるで日本昔話に出てきそうな所です。

     

     

     

     御神木の杉を覆う苔がふっくらとしていて良い感じ。

     

     

     

     ここから頭高山をめざし、明るい尾根道を歩きます。

     遠方に秦野市街、さらにその向こうに丹沢国定公園の山々が望めます。丹沢山地の全景を見るのは良いコースだね。

     

     

     

     ここが標高303.4mの頭高山の山頂です。明るい林に囲まれていてそこそこ景色が良いです。

     この向こうに見えるのが、ここから降りてゆく松田の町です。山頂には秋葉神社がありました。もしかしたら松田の人たちが火災除けのために祀ったのかもしれません。

     

     

     

     冬の季節って、関東地方の里山の散歩にはちょうど良いです。少しくらい頑張って登っても汗はかかないから。それに虫が出てこないものありがたい。でも何といっても空気が澄んでいて、景色がいちばん楽しめるってことがいちばん嬉しいかな。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング