2020

2020.01.04 Saturday 06:52
0

     新年あけましておめでとうございます。

     どたばたと多忙な年末年始を過ごし、本日より通常の活動を再開します。現時点で制作をしているものはオリジナル球体関節人形  sakura のリメイク、1/24の Alice's Dreamy Bedroom というジオラマ、1/3のドール展示用の背景といったところです。

     

     

     こちらはその1/3ドール用の背景でアパートの玄関を再現したものです。(制作過程も近々にご紹介する予定です)

     ここ2年間、「情景のなかの人形たち」というタイトルで個展を開催していますが、今年も8月に平塚市美術館で開催の予定です。これまではオリジナルの球体関節人形自体はそれなりに数はそろっていたのですが、それを見せるのに必要十分な背景が整っていなかったというのが正直なところです。今年は情景としてトータルで楽しんでいただけるような作品に仕上げてゆきたいと思っています。

     個展といっても別に美術館が主催しているわけでなく、館内の一室をお借りして公開しているだけなので、それほど大々的なものではないのですが、それでも1日に200名近い方々にご覧いただけるのは大変嬉しいことです。(もちろん大半はお人形やフィギュアに興味がある方柄でなく、美術館の主催するメインの企画を見に来られた方々ですが) あと148m^2という空間に自分のイメージする世界を展開するって、なかなかに楽しい作業です。それまでイベントで与えられた90cm×90cmのスペースだなんて比較にならないです。

     

     さて、でも考えたらここ2年間はドールイベントに出てないな。もうそろそろ出ないと忘れ去られちゃうな。

     個展をやるようになってイベントに出なくなったのには理由があります。もちろん根本的にはお人形が売れない! ということではありますが、いちばん大きいのはPR効果の問題です。たとえ1万人の入場するドールイベントがあっても、自分のブースの前に1万人が立ち止まるわけじゃない。

     客観的なデータとしてはこんなものがあります。イベントの際には必ずブースに名刺とかポストカードを置いておきます。これまでで一番たくさんポストカードがさばけたのは2013年のデザインフェスタで1日におおむね100枚ぐらい。で、これがなんと初イベントの時。(まだまだ作品も未熟) その後、自分の作品の完成度が上がるにつれて、さばけたポストカードは減っていって、最後の方は30枚ぐらいになっちゃった。交通費も含めれば1万数千円かけて1日30枚、効果としてははなはだ疑問です。一方、個展だと5日間で費用は2万円、ポストカードは1日に40枚から60枚ぐらいなので、PR効果としてはぜんぜんこちらの方が上です。

     ちなみにご覧いただいているこのブログは二次元ではありますが、維持費は無料なので費用対効果は無限大。昨年12月の来場者は2121名で過去最高でした。ありがとうございます。

     話はイベントに戻りますが、情報収集や交流という意味では出てみても良いかなと、ちょっと思っています。

     時期は3月のアイドール。最近は出品ジャンルが多様化してドールだけでなくプラモ、ドールハウスなんかも扱うようになっているみたいなので。

     その内容は90cm×90cmのスペースに1/3スケールのジオラマを1つだけおいて販売はなし、あとは細かなものを少々、これってどんなもんでしょ。

     

     

    JUGEMテーマ:ドール

    category:doll | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング