ドール&フィギュアの写真 14 構図の話その2 光の通り道を意識する。

2019.12.09 Monday 06:11
0

     前回は構図を決めるとき、お人形を真ん中に置かないで空間をつくりましょう。基本、お人形の向いている側にその空間をつくると自然です。みたいな話でしたが、あと一つ自分が意識しているのは光の通り抜ける道筋みたいなものかな。

     

     

     

     上の2枚は同じ条件で撮影しているのだけど、自分の好みとしては下の方を選びます。右上に空間があって、光もその方向からやってくる、シンプルでまとまりが良いように思います。

     

     

     

     これはこれで可愛く写っていると思いますが、トリミングするとまた別な作品に仕上がります。

     

     

     逆に光のやってくる側に空間をつくってみました。影のできる側を切り詰めるとポイントが明確になる気がします。最近のカメラは普通に1600万画素ぐらいはあるので、少々トリミングしてもネット上に画像をUPするぐらいの画素数は残ります。

     自分にとってのスタンダードな構図は、まずはお人形の向いている方に空間をつくり、光もそちらから注ぐようにする、そして必要に応じて影のできる側をトリミングするという感じかな。

     ただそれだけだとワンパターンになっちゃうのでいろいろ工夫する。

     

     

     

     今度は逆光の条件での撮影です。

     

     

     横位置にして、あえて影を多く入れてみました。光の通り道が強調されて印象深い画になったかと思います。まあ偉そうに言うほど、写真のことが分かっているわけじゃなく、あくまでも自分の好みとしてはこうしているってレベルかもしれませんが。

     

     


     あと大切なのはたくさん撮影することかな。瞳にピントを合わせることを絶対条件にして、違う光や角度で何枚か撮影すると良いと思います。計算は大切だけど、偶然性っていうのもときにはすごく良い画をつくってくれたりするので。

     このあたりの話はもう少し整理して、準備が整い次第、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    ジオラマランキング