ドール&フィギュアの写真 10 屋外での照明を使った撮影

2019.11.10 Sunday 17:09
0

      ドール&フィギュアの撮影についての続編です。

     前回の話では、ただ単に明るくするという目的では安易にストロボは使わない方がいいよ。できるならストロボよりLEDライトを少し離し気味に使った方がいいよ、みたいなことでしたが、屋外ではけっこう必要になる場面があります。

     

     

     その1は暗いシチュエーションです。この写真では夕暮れ時の暗い条件なので照明は不可欠です。こういうときの注意事項としては、肌が白トビしないようにLEDやストロボはフルパワーで使わないということかな。また手持ちで撮影できるぎりぎりの明るさにすれば背景は暗いままで、お人形だけを浮き立たせるように写すことができます。

     ちなみに今回もストロボでなくすべて撮影用LEDを使ってます。

     

     

     

     その2は強い影が出てしまうような状況です。お昼ごろって太陽がほぼ真上に出てしまうので、お人形あごや鼻のあたりに強い影ができてしまう。しかも髪や睫毛、上瞼が太陽光線を遮ってしまうので、瞳が暗く沈んでしまいます。

     

     

     ようするにこんな感じです。こういったときにもLEDやストロボは有効です。

     

     

     これはLEDを左側やや下からあてて影を弱めています。また瞳の奥にも光が入っていることがお分かりかと思います。これと同じ効果はレフ版でも得られます。レフ版というと何か専門的ですが、厚紙1枚でも代用できます。

     カメラに付属するストロボを使うときには、あえてカメラを180°ひっくり返して撮影するのもありです。ストロボが下からあたるので影を弱めるにはこのほうが効果的です。

     

     

     

     3つ目は逆光のときです。明るい背景の中で撮影すると、こんなふうに背景の明るさが回折現象を起こして全体にもやっとした感じになってしまいます。

     

     

     こんなときも前方からの光を補うことで、この回折現象を弱めることができます。

     

     

     

     でもね、この回折現象ってうまく使うと、こんなソフトフォーカスな感じの素敵な画になったりする。こういうのってなかなか難しいのだけれど、たまたまできちゃったりするとちょっと嬉しい。

     ここ3回分の記事はもうちょっと整理してドール&フィギュアの撮影「照明編」として、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング