会津西街道の紅葉

2019.11.06 Wednesday 06:47
0

     前回レポートしたように那須岳周辺の紅葉はすでに終わり、標高の高いところはすでに冬の気配でした。

     ということでその翌日は紅葉を求めて会津西街道のドライブに出かけました。会津西街道というのは日光と会津を結ぶ街道で、江戸時代に整備されました。

     今でこそ東武鉄道が特急やSLを走らせたり、南の方には東武ワールドスクエア、北の方には大内の宿があったりしますが、その間は山間のとても静かなところで、観光客が途中駅で降りることはほとんどないような場所です。でもこの季節は牡鹿川(鬼怒川の支流)に沿って延々と紅葉の景色が続きます。

     

     

     那須塩原から山を越えて、最初にやってきたのは三依という地区です。(もともとは会津西街道の宿場町だったところ)

     ここはどんどん滝という小さな滝、訪れる人もなくとっても静か。ただ紅葉はまだちょっと早い感じでした。 

     

     

     

     さらにその奥の神社は今まさに見頃、青い空にいろんな色がちりばめられている、しばらく唖然として眺めていました。

     

     

     ちなみにこのあたりのおすすめは、自分としては中三依温泉駅前の大イチョウ(今年はまだ緑だった)、上三依水生植物園、ギャラリーカフェ扇屋さん、それから国道121号線と400号線の合流するところにある「やすらぎ」「こま草」という二軒のお蕎麦屋さんです。

     

     

     国道121号線を南下してやってきたのは五十里湖(ダム湖)です。途中、旧道に迂回するとこの景色を見ることができます。大雨が続いたのでほぼ満水、流木もたくさん浮いているような状態です。

     

     

     この旧道にかかる橋のあたりが一番きれいです。

     

     

     このあたりのおすすめは「湯西川」の道の駅、この季節だとキノコがいっぱい。あと近くには湯西川温泉や川治温泉もあります。鉄道に興味があれば野岩鉄道の湯西川温泉駅、こちらは地下にあってトンネルの先には五十里湖にかかる鉄橋が伸びています。

     

     

     

     

     最後にやってきたのは龍王峡、今年はまだまだ緑が多いな・・・。聞けばようやく色づき始めたところなんだそうです。それでも2kmにわたってその絶景と渓谷美を楽しむことができます。

     

     

     ここでは切り立った崖にいくつもの滝が流れ落ちる風景を眺めることができます。ここは流れ落ちる滝の源流となるところ。

     散策路は渓谷に沿って整備されていて約1時間ほどで巡ることができます。秋の風景を楽しむのならこれからが本当に良い季節だと思います。但しこちらはそれなりに観光地なので、早い時間帯の到着をおすすめします。

     

     この紅葉巡りの記事の詳細はメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第、UPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング