ドール&フィギュアの写真 7 今度は黒ツブレ

2019.10.11 Friday 04:51
0

     今度は黒ツブレです。これはどういうものかというと、日中の風景を撮影したときに、影になる部分が真黒くなって何が写っているのか分からなくなっている状態です。

     

     

     たとえばこの写真だと日陰になった建物の壁や、ドールの耳から顎にかけての部分が黒ツブレしています。

     別に建物の方は気にならないですが、お人形にできた強い影はあまり見栄えが良くないです。ストロボやレフ版を使えばこの影は軽減できますが、日中の町中でお人形を取り出してストロボっていうのも、ちょっと気がひけます。

     

     

     トーンカーブではこんな感じです。左端の暗い部分でグラフが途切れてしまっている。これも白トビといっしょで、この先にも画像データがあったんだよという印です。

     

     

     RAWで保存した画像の場合にはこの部分のデータも保存されているので復元します。

     明度を上げるのは、今度は顔が白トビするのでだめ。そこでHDRのウインドウを開いて操作するとグラフ内にデータが戻ってきます。

     

     

     こうすることで強い影をやわらげることができます。

     自分としては、RAW形式で画像を保存し、明度調整やDR拡張、HDRといった機能でトーンカーブ(ヒストグラム)のグラフのなかにデータをおさめてゆくというのが基本になるかと思っています。そのうえで自分の好みの画像に仕上げて行く。

     こうやって書くと難しそうに見えますが、慣れればどれも数秒の操作です。ただ最近のカメラはデータ量が多いので、安価なモバイルPCだと後処理に時間がかかるかもしれません

     

     

     この2回は白トビと黒ツブレの話でしたが、この二つが絶対にダメということではないので念のため。

     上の画像は左側が完全に黒ツブレしてますが、もしここを明るくしてしまったら写真として面白くない。あくまでもデータをグラフ内に置くというのは「基本的に」ということです。

     

     

     次は画像の明るさ調整の話の続きで、ストロボやレフ版の使用についての解説にしようかと思っています。

     

     ちょっとだけ台風対策しました。車とバイクを風の吹きぬけない場所に移動、モバイルバッテリー3個に充電完了、水と食料購入。スーパーに行ったら、2Lで78円のアルカリイオン水の棚ががらがらになってた。次の台風が危ないなって思っている人は多いです。進路予想だと明日の深夜には猛烈な台風の真下なんだもんな・・・。

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング