ドール&フィギュアの写真 5 RAW現像の基本

2019.10.08 Tuesday 06:17
0

     中級機以上のカメラや高画質のスマホをお持ちなら、ぜひとも試してほしいのがRAWで撮影することです。

     RAWというのは撮影した画像の保存形式の一つですが、画像劣化を生じないので、あとでPC上で編集する場合には最適なモードです。欠点としてはデータ量が多く、少量のSDだとデータがすぐにいっぱいになっちゃうことと、PC上で「現像」という作業をしないとちゃんと見ることができないという点です。

     RAWで撮影できるカメラやスマホには、必ずRAW画像を編集・現像できるソフトやアプリがついています。今回はこの基本的な使い方です。ちなみに自分の場合にはSILKYPIXというソフトを使っていますが、他のものでも基本は同じだと思います。

     

     

     これは秋の田んぼを普通に撮影したRAW画像をSILKYPIXで開いたところです。ちょっと暗めかな?

     

     

     トーンカーブのウインドウを開いてみました。グラフの左から右に向かって明るさが増してゆくのですが、黄色の印がついている明るい部分には画像のデータがほとんどないです。だから暗く見える。

     

     

     ということで、グラフの左端をデータのある部分までスライドさせました。

     

     

     一発で明暗のバランスの取れた画像になります。この間わずか3秒。

     一般的な「明度調整」でも同じような結果が得られますが、自分の場合にはトーンカーブのウインドウで確認しながら調整をします。

     

     

     次回はお人形撮影で起こりやすい白トビと黒ツブレの対応です。

     あと、ドール&フィギュアの撮影についてのまとめ「撮影機材編」を、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきますのでよろしければどうぞ。

     

     

    JUGEMテーマ:写真撮影機材

    category:camera | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング