高知県に行ってきた 1 土佐中村から足摺岬

2019.08.30 Friday 08:59
0

     個展が終わった後、自分たちへのご褒美ということで旅行に出かけることを計画していたのですが、あいにく全国的にお天気が良くなく、晴れているのは鹿児島県と高知県の南部のみという予報でした。

     休みも限られていることだし、それならまだ行ったことのない足摺岬と四万十川あたりを見てこようかということになりました。この決定は前日のこと、宿の予約も入れました。

     あらためて地図を眺めてみると移動距離は800km以上、どう考えて見ても我が家の軽自動車では10時間以上かかるな・・・。

     

     翌日は早朝4時出発、新東名、新名神を経由して鳴門大橋を渡り、徳島県内に入ったところでもうお昼です。徳島ラーメンを食べて再び出発しますが、四国の高速道路は基本的に片側1車線、70km/hの速度制限なので、とりあえずの目的地である土佐中村についたのは、もう3時過ぎでした。やっぱり遠かった。そして長かった。

     

     

     ということで初日は軽く土佐中村(四万十市)の市街地を散策します。

     土佐中村は戦国時代には土佐一条氏の城下町だったところで、上の画像の一條神社は土佐一条氏の館のあったところです。一条氏は都の文化をこの地に取り入れ、今でも土佐中村には「土佐の小京都」と呼ばれるような風情が残っています。

     

     

     

     地方都市というと、今は寂れた感じのするところが多いですが、ここ土佐中村は足摺岬や四万十川観光の拠点となっていることもあってかホテルや飲食店も多く、比較的に賑わっている感じです。

     散策ついでに夕ご飯をいただくお店を探します。そして選んだのが「いなか」というお店。ご覧のカツオ、サバ、タイ、キンメなどのお刺身の盛り合わせが1300円! 清水サバ(関サバと同等のブランド)の塩焼きが500円、あと地酒の利き酒セット800円(だったと思う)・・・、もう最高です。

     

     

     

     翌朝は6時にホテルを出て足摺岬に向かいます。

     画像は四万十川の河口に近いところで撮影したもの、夜が明けたばかりのこの時間帯にしか撮影できない美しい風景でした。

     

     

     

     足摺岬に到着したのは7時ごろ。

     風と波が作り出した絶景です。あと海の透明度がむちゃくちゃ高い。

     さすがにこの時間帯だと観光客もほとんどいません。

     

     

     途中のコンビニで買ったごはんをこちらでいただきます。もう最高の贅沢です。

     このあと四国お遍路の38番札所である金剛福寺、白山洞門などを巡って土佐中村に引き返しました。

     

     

     

     土佐中村に戻ってきたもは10時ごろ、昨日回り切れなかったところがあったので、そのあたりを散策するつもりでした。でもいちばん印象深かったのは延々と続く緑の土手です。

     画像の左手は四万十川の支流の一つである田野川です。

     

     

     

     もちろん名所でも何でもないけど、個人的には日本一美しい土手に認定したいと思いました。

     旅はこの後、四万十川の沈下橋巡りへと続きます。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング