TBLeague PHMB2018-T01A 1 1/12の新しいアクションフィギュアを買ってみました

2019.06.08 Saturday 06:20
0

     TBLeague(旧Phicen)といえば、金属骨格を持つアクションフィギュアのなかでは最もメジャーなものです。そのTBLeagueが昨年発売開始したのが、こちらのアクションフィギュアです。

     

     

     サイズは従来の半分(1:12)ですが、これまでの1/6のものと同じ構造を持っており、関節の自由度は著しく高く、ポージングは自由自在です。皮膚はやや硬めのTPEもしくはシリコンでとてもリアル、もうほとんど超小型ラブドールです。

     現時点で発売されているのはT01AとT01Bの2種、この違いは肌の色でT01Aはペール、T01Bはサンタンとなります。現時点でamazon価格は4700円程度ですが、精度や手間を考えれば1/6よりも安いというのは良心的かもしれません。これ以上小さくなると、自分としてはむしろ高くなってしまうこともあり得ると思います。

     体形的には筋肉質のスポーツウーマンタイプですが、おそらく売れ方次第でこれからいろいろなバリエーションが出てくるんだろうね。

     

     

     問題ははっきり言って可愛くないこと。

     1/6の製品についてですが、これまでもボディは良いのだけれどオリジナルヘッドは × だったので、各社から発売されていた互換ヘッドを利用していた人は多いと思います。ところが発売されて半年以上過ぎたけど、互換ヘッドの発売は皆無です。(1万円近いコスチュームセットが近く発売予定ではありますが)

     やっぱり1/12となると、きっちりと仕上げるのは難しいんだろうな。ここはぜひ KIMI TOYS あたりに頑張ってもらって、名作KT005の縮小版を出してほしいところです。

     

     ということで、手持ちの1/12ヘッドから使えそうなものを選んでみました。もちろんこのボディ用としてつくられたものではないので、流用する場合にはジョイント部分を多少加工をする必要があります。

     

     

     こちらは figma のレイカです。色合いは良いのですが、ちょっとヘッドの方が小さめかな。あと長い髪がポージングのじゃまになる・・・。

     

     

     

     上半身だけ見ると思ったより相性が良かったピコニーモ、筋肉質の太腿はパンツや長いスカートで隠せばOK。ただもう少しヘッドの方に赤みを加えた方が良いかも。

     

     結論としては市販の1/12のヘッドを流用させることはできます。がしかしせっかくのリアル系ボディなので、やっぱりリアル系の植毛ヘッドの方が相性は良いでしょう。とりあえずは付属ヘッドをなんとか見られるレベルまでリメイクしてみましょうか。 

     

     

    JUGEMテーマ:ドール

    category:doll | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング