岩村に行ってきた

2019.05.14 Tuesday 14:10
0

     もうちょっと前になってしまうのですが、岐阜県の岩村(現恵那市)というところに行ってきました。

     

     

     延々と4時間かけて自家用車を運転して、まず最初に見ることができたのがこの風景です。こちらは岩村町の富田という地区で、何でも農村の景観として日本一に選ばれたことがあるんだそうです。(知りませんでした。岩村については明知鉄道の通っている古い街ぐらいしか予備知識がなかった。)

     近くには展望台もあって地区を一望することもできます。

     

     

     

     こちらは岩村城、日本三大山城の一つで標高717mの山頂に本丸があります。最初に建造された鎌倉時代で、その後、戦国時代末期には遠山景任の妻であるおつやの方(信長の叔母)が城主を務めていたこともあるそうです。

     現在は建造物等は一切残っていませんが、遺構はきちんと残っていて眺めも良いです。(日本百名城の一つ)

     

     

     

     こちらは歴史的な景観を見ることのできる岩村の町並みです。(重要伝統的建造物群保存地区)

     さっきの岩村城もそうだったけど、ゴールデンウイーク最後の週末ということで、観光客がけっこう多いです。もしかしたら寂れた感じのあるところかもと思っていましたが全然違う。というか中京地区にお住いの方々にとっては有名なところなのでしょうね。自分が無知でした。

    (NHK朝の連ドラ「半分青い」のロケ地だったことを、このときやっと思い出した)

     

     

     

     こういった街並みを保存しているところはいくつかあるけど、建物はそのままに中身は雑貨屋さんだったり、喫茶店、お土産屋といったものに改装していることが多い。でもここのすごいところは、その多くが見た目と同じ商売をそのまま続けているところです。

     こちらは外見も中身もちゃんとした薬屋さん。あとは洋品店、肥料店、酒蔵、みんな昔のまま・・・。こういったことって、とっても大切なことだと思います。

     

     

     ちなみに酒蔵(岩村醸造)では「女城主」というお酒を売ってました。名前の通りきりっとしたおいしいお酒です。

     

     地区にある歴史的建造物のいくつかは資料館として整備されています。(しかもすべて無料!)

     そのうちの一つが江戸時代末期に商家として隆盛をきわめた勝川家です。

     

     

     巨大な蔵が見どころなんだ思いますが、自分が一番気に入ったのはこの娘の部屋。三方が窓になっていて蔵や街並みが見下ろせる。ここに住んでみたいなって思いました。

     

     

     

     ほとんど下調べしないで行ったので、知らないことばっかり。発見する楽しさのあるお散歩でした。

     旅はこのあと明智町に続きます。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング