iria 新しい球体関節人形 4 今度はレベルライン

2019.04.19 Friday 06:25
0

     前回のレポートではドールのボディラインがある程度できあがったところまでお伝えしましたが、今回はテンションゴムを取り外し、いったんばらばらの状態に戻します。そしてそのうえで各パーツごとに細部の造形と調整を行い、表面を平滑にしてゆきます。

     

     

     とりあえず最初に取りかかるのはボディの上部パーツです。画像は最初の盛りと削りを終えた状態です。

     首に2つの金属が埋め込まれていますが、これは直径5mmのネオジムマグネットです。これによって金属フレームなどがあればスタンドなしでドールを立たせることができます。

     

     

     ヘッドバーツにはくぎを埋め込んでいます。これでマグネットピアス等を取り付けることができます。

     このように全身10か所ほどにネオジムマグネットやくぎなどを埋め込んで、いろいろと遊べるような工夫をしています。

     

     

     

     だいぶ上半身が整ってきました。必要に応じて隣接するパーツとのつながりを確認するのは必須。

     

     

     

     ヘッドパーツは完成までに最も時間がかかります。こちらは1回目の盛りと削りが終わって、これから表情や個性のようなものをどうやって出してゆくか考えているところです。

     ここで以前のレポートにあったフィールドラインがまた関係してきます。

     

     

     こちらは以前に自作した球体関節人形です。黄色い線はフィールドラインで上に発散するような形状になっています。具体的には目が大きく口が小さめという、一般的なお人形が持っているラインとほぼ同じです。

     緑色はフィールドラインに直角に交差するもので、この空間の水平線を表現しています。これをレベルラインと呼ぶことにしました。フィールドラインが縦のまっすぐな線でなければ、当然レベルラインは曲線になります。この場合、水平線は下に垂れ下がった形状になるので、目の傾きもこれに合わせてやや「たれ目」にしてあります。もしこれをしないと目は吊り上がった印象になってしまいます。 

     

     

     逆にフィールドラインにを上に向かって収束させ、大人っぽい感じに仕上げようとすると、レベルラインは上に吊り上がった感じになるので、目尻をやや吊り気味にするとニュートラルな感じに仕上がります。

     このあたりのことはもう3年以上前に考えたことで、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に関連記事があります。よろしければどうぞ。

     

     

     

     今回は少しだけあどけなさを残すことにしました。

     目尻を少し下げ、アイホールはほんの少し拡大。彫り自体はやや深め、頬は少し削ってエキゾチックな感じに。そして口はやや開き気味にして、ニュートラルな表情でありながら、少し微笑んでいるようにも見える・・・。これがすべて感じ取れるような仕上げをしてゆきたいです。とりあえずは順調にすすんでいる感じです。

    (最近はこの状態でもアイやウイッグのついたフェイスを想像できるようになってきた)

     

     

    JUGEMテーマ:ドール

     

    category:doll | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング