腐海の尽きるところ 4 再生した植物の表現

2019.03.18 Monday 06:08
0

    「風の谷のナウシカ」ってアニメの歴史を変える名作だと思いますが、その理由の一つは全く新しい生態系を構築してしまって、それがまたきちんとお話として破綻なく成立しているところにあると思います。

     非現実であるのにもかかわらず、とてもリアル。それが故にこれをきっかけとして環境問題を考えるようになった人たちも多かったのではないでしょうか。

     

     

     前回はベースボードの大まかなレイアウトが出来上がったところまでご紹介しましたが、作業は遅々として本当に僅かずつすすみ、今はこんな感じになっています。

     白く長い枝は手芸屋さんで購入したものです。大地に含まれる毒素が少なくなってゆくと、腐海の樹々は栄養を失い細くなっていったはず。だから最近朽ちた樹々はこんな感じになるのでは? と想像したわけです。

     

     

     

     腐海の樹々は毒を自らに取り込み、結晶化して土にかえってゆく。細かな石英砂でこれを表現しました。また窪みや池などには流水のはたらきでこれが積もり、ここには鉄分をはじめとした様々な成分を含むはずなのでベージュ系の砂をまいてみました。

     ここに最初に復活したのは苔のようなもののはずで、これを鉄道模型で使われるパウダーやターフで表現します。

     

     

     

     

     コケ類は次に再生するはずのシダ植物や種子植物の苗床となり土を生み出します・・・。こうやってある意味、原始の大地が緑に覆われるまでを再現するみたいな作業になっちゃってます。

     メインサイト瞳に四角い鰯雲では、途中経過ではありますがこの間の作業過程の解説をまとめて近日中に記事をUPする予定です。

     

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    category:diorama | by:moocomments(0) | -
    Comment








       

    Calender
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recommend
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM


    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
    にほんブログ村
    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村


    街並み巡りランキング

    ドールランキング

    鉄道模型ランキング

    ジオラマランキング