ギャラリーバーン 新しいペーパークラフトの続き

2019.03.16 Saturday 08:16
0

     今回もまた那須周辺の散策レポートです。

     まずは以前ご紹介したギャラリーバーンのオーナーがペーパークラフトで機関車をつくっているという話の続きです。

     

     

     今回行ってみたら、モーターが内蔵されて元気よく走り回っていました。サイズ的にはHOぐらいですが、残念ながら今のところレールの上を走らせてはいないみたいです。

     

     

     あと運転席内部もきっちりと作り込んでました。

     このあとどういう展開になるのかな? ご本人はもうそろそろ飽きてきたみたいなことを言ってましたが、このまま終わらせるのはもったいないな。

     

     

     この日の晩御飯はご近所の殻々工房というバー&ギャラリーです。こちらはお酒と料理を楽しみながら芸術を鑑賞できるというとても素敵なスペースです。自分の家から歩いて行けるのでたびたび利用させていただいています。お酒も料理もとってもおいしいのですが、お値段もとてもお財布に優しい設定でありがたいです。普通に食べて飲んでも一人3000円ぐらいから楽しめます。我家のイチオシです。

     本日一番感動したのは牡蠣のオイスターソースづけ、こんなにおいしい牡蠣の料理は食べたことない!

     

     

     

     朝の厳しい冷え込みも和らいできたので、翌日は大田原の御亭山に登ってきました。ここからは那須連峰から日光、南は奥久慈あたりの山々が望めるとっても眺望の良いところです。

     

     

     続きはメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしますので、よろしければどうぞ。

     

     

    JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

    category:event | by:moocomments(0) | -

    原鉄道模型博物館

    2019.02.25 Monday 06:41
    0

       先日、横浜にある原鉄道模型博物館に行ってきました。

       その存在は知っていたのですが、撮影禁止という話も聞いていたので、まあそのうちにぐらいにしか思っていなかったのが正直なところです。でもなんか調べてみたら、知らないうちに撮影OKになっていたみたいですね。(入館料1000円)

       

       

       こちらは鉄道模型の世界的鉄道模型の製作者・コレクターである原信太郎氏のコレクションを展示しているほか、原氏自身が世界で撮影した鉄道写真の展示やビデオの上映なども行っています。

       

       

       

       展示の中心は1/32の1番ゲージといわれるものが中心です。

       こちらでは常時1000両ほどが展示されているそうですが、いつも見ている1/150とは違ってものすごく細かなところまで再現されています。1/150だと細部は省略することも多いのですが、このスケールだとごまかしはききません。ものすごい再現精度です。

       

       

       あとは310m²もあるという鉄道レイアウトがやっぱりここでいちばんの見ものです。HOやNゲージだと電車はレールから給電を受けて走るのですが、こちらの車両はすべて実車と同じように架線から給電されているそうです。もうほとんど実車と同じです。

       

       

       

       街のなかもちゃんと作り込んでいます。

       

       

       会場全体の照明が制御されていて、1日の変化を楽しむこともできます。

       しかしまあ、こういったスケールのものを作り上げるって鉄道模型ファンの夢なんだろうけど、ちょっとやそっとの家ではこういった遊びはできないだろうなあ。

       

       

      JUGEMテーマ:模型製作

      category:event | by:moocomments(0) | -

      ギャラリーバーン 新しいペーパークラフト

      2019.02.18 Monday 05:21
      0

         時々出かける那須のギャラリーバーンなのですが、オーナーの清野氏のつくる作品がいっそう洗練されて、すごいことになってました。

         

         

         こちらはハガキを使ったペーパークラフトで大きさは全長7cmぐらい。こういったものを一晩ぐらいでつくっちゃうんだそうです。もちろん実在する蒸気機関車でなくオリジナルの造形です。

         

         

         こちらはもっと小さな作品、実在しないけれどパイプなどが追加されていてとてもリアル。背景に写っているのは以前から作られていたペーパークラフトの家、これだけでもうすでに十分メルヘンチックな情景になっています。

         

         

         

         でこの家の方は以前よりスケールが縮小され、細部がリアルにつくり込まれるようになって、並のNゲージのストラクチュアじゃあかなわない。

        「蒸気機関車にNゲージの動力を入れたらどうなんでしょう?」

        そう尋ねてみたら、もうすでに計画中なんだそうです。家の方も1:150ぐらいでこの精度だし、近い将来、鉄道の走るちょっとレトロで素敵な街が出来上がるんだろうと期待しています。

         

         

        JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

        category:event | by:moocomments(0) | -

        カタストロフと美術のちから展

        2018.12.26 Wednesday 06:18
        0

           先週末の三連休はお天気も今一つだったので、どこか美術館に行ってみようということになり、やってきたのがここ六本木ヒルズの森美術館です。

           

           

          「カタストロフと美術のちから展」という少々ながいタイトルですが、震災やテロ、難民問題といった惨事(カタストロフ)をテーマにした真面目で、少々重い美術展です。

          (入館1800円、前売り1500円)

           

           

          作家名/作品名 トーマス・ヒルシュホーン <Abschlag>

           この写真は「クリエイティブ・コモンズ表示・非営利・非改変 4.0 国際」ライセンスによってライセンスされています。(以下2作品も同様)

           *)会場内の作品は一部を除いて撮影可、また約束事を守ればサイトへの掲載も可ということで、その約束事に従っています。  

           

           やはり東日本大震災関連の作品は多いです。災害現場を再現したもの、記録映像、スケッチなど、あの時の記憶がよみがえってくる感じです。それだけリアルな空間がここに再現されています。

           

          平川恒太<ブラックカラータイマー>

           

           白い壁に貼り付けられた黒い円盤に、除染作業される方々の肖像画を黒い絵の具で描いたもの。静かだけどずしーんとくる重さがあります。このほかにも放射性物質で感光させた写真とか、実際に被災地で活動された方の作品などもあって、その迫力がすごい。

           

           もちろん震災以外の惨事をテーマにした作品もあります。なかでもすごいなって思ったのはプレイタイムという映像作品、ドバイの風景に圧倒されます。

           

          オノ・ヨーコ<色を加えるペインティング(難民船)>

           

           希望者には青と白のクレヨンが手渡されます。そして自らの思いを書きこむ、だから毎日作品は変わってゆく・・・。

           この美術展、思ったよりずっと良かった。その迫力がすごかった。それが率直な感想です。ちなみに森美術館に入館すると展望台にも入場できるのですが、そちらでは藤子不二雄Aの世界が再現されていました。

           今回のレポートの詳細は近々メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしますので、よろしければどうぞ。

           

           

           

           あとはクリスマスムードの六本木から青山ぐらいまでちょっとだけお散歩。

           MaxMaraのテディベアもすごかった、身長3mぐらいあるんだもの。

           

           

           

           

          category:event | by:moocomments(0) | -

          ドールワールドリミテッド 5 おわりました

          2018.12.03 Monday 06:49
          0

             昨日のドールワールドリミテッド無事終了です。

             でも商売としてはまったくダメでした。お値段の高い創作人形そのものは近年ほとんど売れないような状況なので、それも予想の範囲内ではありますが。

             

             

             こちらは akane 、うちのブースのセンターです。これまでにつくった作品でもベストな作品なのですが、遠目には小顔のSDみたいに見えちゃうのが難点、でもこれでいいんです。

             

             販売イベントとしてはダメでしたが、今回もお友達がたくさんできました。

             

            Ayaka Doll様

             

             

            Secondary様

             

            石田様

             

            小桃ドール様

             

            人形横丁様

             

             皆さんそれぞれに頑張っていて、お話をすると共感できること多数。これから何とかしなきゃいけないって意識も共通。いろいろ情報交換する中で、新しいものが生まれてくるんじゃないかと思ったりします。

             このイベントの詳細についてはいずれメインサイトの方にUPします。

             

             

            JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

            category:event | by:moocomments(0) | -

            Calender
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << March 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            鉄道旅行ランキング

            ジオラマランキング