情景のなかの人形たち 掘3 8月に開催予定の個展ですが イベント自粛かな

2020.03.24 Tuesday 09:10
0

     8月18日から23日の6日間、平塚市美術館で今年も個展を開催するつもりで日々準備をすすめています。

     内容としては昨年同様、創作人形、ジオラマ、ドールフォトといったところがメインになるかと思います。同じものではつまらないので、内容の1/3ぐらいは入れ替える、あるいはリメイクするつもりでいます。

     

     

     完成したものは、こんな感じでリビングの片隅に少しずつ積み上げられています。

     荷物の山の大きさは搬入に使用する我家の軽自動車の荷物スペースと同じサイズ、要するにここで積み込みのシミュレーションもしてるわけです。

     

     

     看板娘の chico ちゃんにはまたイレーヌ・カーン・ダンウェール嬢に扮してもらう予定です。

     

     準備は極めて順調でした。

     ところがここにきて、その個展のPR目的で出展予定だったアイドールの開催は延期、会場の平塚市美術館は現在休館中、市民ギャラリーで予定されていた催しも中止や延期が相次いでいるというわけで、だんだん見通しがきかなくなってきた。

     客観的に見て、個展を開催する8月までに新型コロナが沈静化するとは到底思えないし、自分としてはまだオリンピックが延期や中止にならないのが不思議なぐらいに思っているから、開催できなくなっても、むしろ当然という考えに移りつつあります。

     

     それにしても、やっぱり政治や行政がはっきりとした判断を示さないのはやっぱり良くない。最終決定は当事者が「自粛」するかどうかの判断にまかせているから、「自粛」しないって言ったらそれでおしまいじゃん。そんな雰囲気だから某競技団体がイベント開催しちゃうし、判断の甘い人間が2月、3月に入ってからスペインやイタリアに旅行に行っちゃうんだと思う。(自分はもう帰ってこなくていいって言いたい)

     経済も新型コロナの沈静化もという二兎を追い続けられないことを、もうこの2か月で充分に理解しました。そしてどっちが大切なのかも明確です。

     

     ということで今後の予定ですが、予定通りに個展の準備はすすめます。会場側が貸さないと言えばそれまで、貸すと言っても自分でちゃんとした対応ができないと思ったらもちろんやらない。

     5月6日に延期されたアイドールについては4月12日の期限ぎりぎりまで待って判断します。でも参加する可能性は低いと思う。楽しんでいってほしいけど、それが病気の蔓延につながったら悲しいからね。

     

     

    JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

    category:event | by:moocomments(0) | -

    1/6オリジナルドール 2 とりあえず完成 新型コロナのためアイドールは延期

    2020.03.15 Sunday 09:11
    0

       3月29日のアイドールに向けて制作していた1/6オリジナルドールですが、最後のメイクをしてオビツのSBHボディに組み合わせてめでたく完成しました。

       

       

       

      こちらはオリジナルの背景パネル付きで1体10,500円で販売する予定でした。

       

       

      ボディなしのヘッド、こちらは1つ4000円。ウイッグだけでも1つ1500円するので、どうしてもこのお値段になっちゃいます。

       

       が、しかしやっぱりというかアイドールも開催は中止というか、延期になっちゃったね。

       ただすでにこの状態では欠席する方が良いと思っていたし、出るにしても今回は夏の個展に向けてのPRが第一の目的だったので、販売なしのジオラマ展示のみでいいかなと思っていたので、この延期自体はそれほどショックではありません。

       だから今回完成したドール達だけど、正直なところアイドールに持ってゆくことはないだろうな、と思いながら作っていました。つくり始めたところで、やーめたってするわけにもゆかないし・・・。

       

       アイドールはとりあえず更に2ヶ月ちょっと先の5月6日に延期されるようです。ただそのころまでに新型コロナが沈静化しているかどうかは怪しいところ。新規の感染者が0になってることは到底なさそうだし、少なくとも感染のピークにもなっていない現状からすれば、見通しすらつかないのが冷静な判断といえるんじゃないのかな。

       問題の根本的な解決は、適応するワクチン開発なんだと思いますが、その開発に必要な期間は1年半ほどかかるという見通しみたい。だからオリンピックをどうしてもやりたいって人がいるのは分かるけど、みんなが安心して楽しめるって状況になるにはあと2年かかると考えた方が良いと思う。

       正直、政治や行政のなかにもまだまだ考えの甘い人は多いと思う。

       やり方によってはその2年間のうちに国民が全員感染して、人口が2%減少、そして治癒した人の体内に抗体がつくられて、自然に終息するって結末もありうる。実際、そうなってしまう国も出てきておかしくない。

       

       過去、この地球上で最も繁栄していた人類は我々現生人類でなく、旧人ネアンデルタールだったと言われています。ネアンデルタールは40万年ほど前に出現し、少なくとも4万年ほど前までの長い期間にわたって生態系の頂点にあった。ネアンデルタールは我々現生人類より脳の容量が大きく頑強な体格であったのにもかかわらず、なぜか突然、比較的短期間でこの世界から姿を消してしまった。その理由としては現生人類クロマニヨンとの争いに負けた、急激な気候変動(ウルム氷期)、そしてそれらの説の一つにウイルス感染説があります。

       私たちは勝ち誇ったように生きているけど、長い長い地球の歴史から見ればほんの一瞬、実はネアンデルタールの1/10も生きていないというのが現実です。もしかしたらこれまで単に運が良かっただけかもしれない。そして一つの変化が次の進化を生み出し、滅ぶものの一方で次の繁栄するものを作り出してきた。それがSFでもなんでもなく、この地球上で無感情に繰り広げられたドラマであるわけです。

       

       

      JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

      category:event | by:moocomments(0) | -

      1/6オリジナルドール 1 まずはヘッドをつくります アイドール 新型コロナは沈静化するのかな

      2020.03.06 Friday 08:49
      0

         2週間ほど前にお伝えした1/6オリジナルドールの話の続きです。

         

         

         3.29(日)に東京ビッグサイトで開催予定のアイ・ドールに持ってゆく1/6オリジナルドールの制作を現在進めています。基本、このドールはヘッド部分がシリコンの型から取り出したオリジナルで、これをオビツやTBLeagueのボディに組み合わせて完成させています。

         上の画像はフェイス部分の下地塗装とメイクを行った後、艶消しのウレタンクリアーで表面のコーティングを終えたところです。まあここまではそれほど難しくはない。

         

         

         

         ポイントになるのはアイライン、眉毛、睫毛、口元といったところに微細な筆を入れるところです。この筆の入れ方一つで全く結果が変わります。

         ここのやり方は人それぞれなんだろうけど、自分の場合にはフェイスパーツに薬指で支点をつくり、ここを軸にして時計回りに描いています。上は向かって右側の眉毛を描いているところです。

         

         

         

         右利きだと時計回りの方が描きやすいので、筆遣いは逆になってしまいますが左側の眉毛も同じ方向に描いてゆきます。

         ペイントする物の上に薬指の支点を置く方法は筆遣いが安定して乱れが少なくなります。

         

         

         

         たとえ小さくても入れ目仕様になっています。アイはUVレジンからつくっています。睫毛をつけるときにはこのアイをいったん外して瞼の下に貼り付けます。1/3のSDあたりだと、瞼の裏側に貼り付けるのが普通のようですが、それをこのサイズでやってしまうと、その分アイが奥に入り込んで瞳に光が入らなくなってしまいます。ここもちょっとしたポイント。

         

         

         

         アイはパイプ補修用のパテで固定。別に用意した頭頂部分のパーツにウイッグを両面テープで固定し、合体させたらヘッドは完成です。2つのパーツを結び付けているのはネオジムマグネットなので、頭頂部分のパーツを何種類か用意しておけばウイッグの着せ替えも簡単です。

         とりあえず小さなヘッドではありますが、ちゃんとした球体関節人形と同等の仕組みを持っています。ただそれだけにこの方法は手間がかかるし、お金もかかる。(ウイッグだけでも1500円ぐらいはする)

         

         

         

         あらためてアイを選び、ウイッグを組み合わせました。このあと気になるところがあれば修正し、さらに人間用のチークやシャドウでメイクすれば完成です。

         がしかし・・・。昨今の状況を考えると普通にこれをアイ・ドールに持ち込むのは難しそう。

         

         実は今月の15日(あと9日!)にドールショウという同様のドールイベントが開催予定なのですが、出展を中止するディーラーが少なからず出ている様子です。主催者側は来場者が少なくなることを見込んで入場料を安くするということなのですが、どうなのかな?

         その更に2週間後のアイ・ドールはというと、その時期までに新型コロナが沈静化するとはとても思えないので、主催者側でもマスクの配布、サーモグラフィーによる監視、看護師常駐、救護室、アルコール消毒液などなど、考えられるものはすべて行うという体制で臨むみたいです。それはそれでありがたいのですが、冷静に見れば感染拡大のリスクはゼロとはならないでしょう。

         今ここで自分が感染するしないの問題だけでなく、イベントに参加するということ自体の責任が問われているような気がします。

         

         やっぱり普通に出展するのは難しいかな?

         でも今作っているお人形はちゃんと完成させます。

         

         

        JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

        category:event | by:moocomments(0) | -

        ギャラリーバーンに行ってきた

        2019.12.02 Monday 13:07
        0

           那須に行ったとき、必ずと言って良いほど立ち寄るのがこちらのギャラリーバーンです。場所としてはJR黒磯駅から那珂川に沿って、那須高原方面に北上してゆく途中にあります。

           

           

           こちらでは現在、地元の陶芸家のコーヒーカップを展示販売する「マイ・カップ展」と、同時開催で現代作家の元永定正氏の作品展示も行っています。(1F 入場無料)

           

           

           それから2Fにはオーナーである清野隆氏の作品がずらっと並んでいます。

          (基本的にギャラリー内は撮影禁止ではあるのですが、氏の作品については許可を得て撮影させていただいています。)

           

           

           

           着色した板や箱をベースにして、写真や絵画、金属や小物類を配してコラージュ的に仕上げて行く作品群なのですが、こちらが実に洗練されている。一つ一つに目を引くポイントがあり、それを引き立たせる技術的な完成度もまた素晴らしい。アートとしてはもちろん、インテリアの一部として見ても最高じゃないかな。

           

           

           

           あと氏の作品でヒットしたものがこのペーパークラフト。ハガキなどをベースにして制作し、市販の絵具で仕上げてあるのですが、このリアルさやエージングの感じが特筆ものです。

           

           

           ちなみにこの作品群は近くにあるBar+Gallery 殻々工房さんで見ることができます。

           お近くにお立ち寄りの際にはぜひどうぞ。「清野隆展-BARRACK-」は1月18日まで開催しています。

           

           

          JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

          category:event | by:moocomments(0) | -

          情景のなかの人形たち掘2 来年も8月に開催するよ

          2019.11.04 Monday 06:19
          0

             自分自身の個展「情景のなかの人形たち」を来年も開催することが決まりました。会場は今年と同じ平塚市美術館の市民ギャラリーで、会期は8月の18日から23日の6日間です。

             

             

             内容としては今年同様、創作人形、ジオラマ、ドールフォトといったところがメインになるかと思います。準備はすでにすすめているのですが、内容の1/3ぐらいは入れ替える、あるいはリメイクするつもりで、再びご来場いただいた方にも満足していただけるようがんばりたいと思っています。

             我家の chico ちゃんにはまた看板娘として活躍してもらうつもりです。

             自分のイメージした空間を再現してゆく作業って本当に楽しい。

             

             

            JUGEMテーマ:展覧会の告知をしよう!

            category:event | by:moocomments(0) | -

            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング