ドールのお手入れ 4  汚れ落とし キズの修復 再塗装

2020.09.13 Sunday 10:14
0

     個展が終わってから一ヶ月が過ぎようとしているけど、まだまだ作品の手直しが続いていて、新作の製作開始はもうちょっと先になりそう。

     

     

     こちらは散歩や旅行によく連れてゆく人形ですが、こちらも前の手直しから2年が過ぎて、少しばかり傷みも目立ってきた。

     ということで、よく登場するもう一体の人形とともにオーバーホールすることにしました。

     

     ここから先の手順は、自分のつくったオリジナルドールにだけということではなく、多くの市販のドールでもについても当てはまることなので、もし傷ついてしまったり、ひどく汚れてしまったドールをお持ちの場合には参考にしてみてください。

     

     

     まずは徹底的に汚れ落としをします。順番としては、水で薄めた台所用洗剤を吹き付け、しばらく待ってからティッシュペーパーで拭う。それでも落ちなければメラミンスポンジで磨く、更にひどい場合にはスポンジやすりで磨く。ここまでやれば大抵の汚れは落ちます。

     もちろんメラミンスポンジやスポンジやすりを使えば表面のコーティングや塗装は多少落ちてしまいますが、再塗装すれば良いだけのことです。

     

     

     大きなキズやカケのある場合には瞬間接着パテを使います。これは瞬間接着剤のようなものに白色のパウダーを混ぜて使うもので、完成後は薄い透明度のあるピンク色に仕上がって、軽い力で切削もできる。

     こういった場合に使うパテとしてはこれがベストでしょう。素材もプラスチックから金属、粘土、何でもOKです。

     今回はアイホールの縁に欠けた部分を発見したのでこれを使いました。

     

     

     修復が終わったら塗料の落ちかかった部分を再塗装します。

     今回はMr.カラーを薄め液で極めて薄く溶き、エアブラシを用いて少しずつ吹き付ける。濃いのはダメです、もろに修復したって感じが出ちゃうから。あとは眉毛や睫毛、唇は細筆で手直しします。

     

     このままだと塗料がすぐに落ちてしまうので、次にコーティングを行います。自分の場合には、前にも触れたつや消しウレタンを使いますが、一般の方には難しいと思うので、ここは塗装膜の強いアサヒペンの高耐久ラッカースプレー(つや消しクリアー)あたりを使うのが良いかと思います。

     

     

     最終的な調整は人間用の化粧品を使うのが良いです。少しずつ具合を見ながら、麺棒でチークやシャドウを置いてゆきます。流れとしては1つの色をおいたら、軽くMr.カラーのつや消しクリアーを軽く吹き付け、更に色を重ねてゆくという感じです。

     もし特にメイクは必要ないって場合でも、つや消しクリアーにはUVカットの働きがあるので、ここは吹き付けておいた方が良いと思います。

     

    nano ( オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 26cm 2018 )

     

     これでまた新しいお人形のようにきれいになりました。

     これからまだまだ活躍してもらうつもりです。この娘とは長年のお付き合いで、もう相棒みたいなものです。

     

     今回の詳細な手順については、もう少し加筆してメインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

     

     

    JUGEMテーマ:ドール

    category:doll | by:moocomments(0) | -

    ドールのお手入れ 3  コーティング Mr.スーパークリアーかそれともウレタンか

    2020.09.10 Thursday 07:52
    0

       ドールやフィギュアを購入したあと、最初にやっておいた方が良いのが表面のコーティングです。

       ひろくつかわれているのが、Mr.スーパークリアー UVカット つや消しというやつです。(amazonだと880円ぐらい) 名前の通り、表面のテカリを抑えて紫外線から樹脂を守ってくれるというものです。外に持ち出して遊ぶつもりなら必須です。

       ちなみにレジンキャストされたドールでは、これでも黄変は完全に抑えられないので、お家の中で遊ぶのが無難です。

       

       

       ところで自分の場合にはスーパークリアーではなく、2液混合型のつや消しウレタンというものでコーティングをしています。

      (一般的な模型店では販売されていない)

       上の画像は、つい先日リメイクを完了させた ayumi ですが、いったんスーパークリアーで仕上げたものの、何かしっくりしない感じがして、こちらも最終的にはウレタンでコーティングしなおしました。

       ともかくスーパークリアーにはない、しっとりとしたつや消し感が、透き通るような肌の表現にはぴったりなんです。

       

       

       

       ayumi の太ももパーツです。左はスーパークリアー、右はウレタンで仕上げたものの比較です。分かりにくいかもしれませんが、ウレタンの方が半透明のしっとりとした感じに仕上がります。感じで言うとすりガラスの質感といったら近いかな。

       あとウレタンの長所というと、なんといっても塗装膜が強いこと(自動車塗装につかわれるぐらい)、耐久性も十分です。また他の薬品や溶剤にも比較的強いので、たとえばちょっとメイクに失敗しても、短時間なら溶剤でふき取ることだってできます。

      (艶消し材を混ぜると脂分が浸み込みやすくなるので、その点は注意が必要)

       

       

       

       それではなぜウレタンがドールやフィギュアのコーティング剤としてひろまらないのか、それは高価で扱いにくいというとこに尽きるでしょう。

       ウレタン塗料は rakuten あたりの通販で入手可能ですが、最小セットのウレタン(主剤100mL)、硬化剤、フラットベース、溶剤をそろえると、送料込みで6000円以上になっちゃいます。しかも保存性が悪く、特に硬化剤は高温多湿のところに放っておくと、1ヶ月もしないうちに使えなくなる。

       手塗りするという選択肢はほぼないので、エアブラシを使うことになりますが、比較的粘性が高いのでコンプレッサーの圧力は3kg/cm^2ぐらいはほしい。(小型のものや充電式のものは厳しい)

       あとは塗装膜が強固であるがゆえ、エアブラシのこまめなお手入れは必須です。すぐにつまっちゃう。また2液を混合した直後から化学反応が始まるので、塗り始めと塗り終わりで塗料の吹き出し方が変わってくることなど、ある意味、扱いづらさを覚悟して使わなければいけない塗料です。

       それでも良い質感の仕上がりを求めたいという、違いの分かる方にはおすすめしたいと思います。

       

       何かね、最近思う。ただ可愛い人形をつくって写真を撮りたいだけなのに、人形づくりそのもから、粘土、塗料、メイク、ヘアー、ファッション、カメラ、撮影と照明、演出や背景、画像処理、プリント・・・、そのためにはいろんなことを知っていなきゃいけないんだなと。

       とてもメジャーとは言えない趣味ではありますが、その道を究めるのは難しいです。

       

       こちらの記事の詳細は、この記事に加筆するかたちでメインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

       

       

      JUGEMテーマ:ドール

      category:doll | by:moocomments(0) | -

      ドールのお手入れ 2   お湯パーマの続き 顔の輪郭を変える

      2020.09.08 Tuesday 11:18
      0

         前回のドールのお手入れの話で、お湯パーマについてふれたけど、あの説明だとちょっと分からないだろうなあと、後になって思った。

         

         

         実際の手順なんだけど、流し台の近くにパイプを固定し、(画像は説明のためなので、自室で行っています) そこにカールさせたいヘアーをのせ、そこにお湯を注ぎます(ピンク)。するとそのパイプの形状にならって、ヘアーが熱でカールするので、後は全体を少しずつ毛先の方に移動しながら(黄色)、ちょっとずつ全体の形を整えてゆきます。

         市販のヘアカーラーもあるけど、髪の短いウイッグや1/6のものには対応していないので、そういったものでやるんなら、どうすればいいかを考えてやりはじめました。

         ポイントとしては注ぐお湯は沸騰したものでなく、すこし冷ましたもの(90℃ぐらい?)を使うこと。また使うのは普通のやかんではなく、注ぎ口の細い、たとえばコーヒー用のものが良いです。そして使うパイプはいろいろな半径のものを用意しておくと、思ったようなカーブが描きやすくなります。

         

        ikumi (オリジナルヘッド+TBLeague s24Aボディ 27cm 2018 )

         

         このウイッグは市販のストレート4インチサイズのものです。

         顔の輪郭がストレートに出てきます。またウイッグはその構造から、うなじの部分までは再現できていないのが普通ですが、見る角度によってはこの部分まで覗けてしまうという欠点があります。

         

         

         お湯パーマをかけたミディアムな長さのウイッグです。内巻きにしたのでうなじ部分が隠れました。また同時にきれいな卵型の輪郭が描けています。人間と同様、人形の場合も髪型でその輪郭をコントロールすることができます。

         

         このあたりのことは、少し加筆してメインサイト瞳に四角い鰯雲の方にもUPしておきます。

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        ドールのお手入れ 1   キャッチライト お湯パーマ

        2020.09.04 Friday 15:10
        0

           先日終了した自分の個展「情景のなかの人形たち」のレポートの中でも書いたことだけど、ドールの瞳に光が差し込んで輝いていると、そのドールが生き生きと、より魅力的に見えるようになります。

           特にドールの写真を撮るときには、このキャッチライトは意識しないといけないです。

           

           

           これは aimi という、1/3スケールのオリジナル球体関節人形の画像です。キャッチライトはしてるけどちょっと弱い。なぜかというと、前髪が瞳にかぶさってきて、光線を遮っているからです。

           個展の最中はいろいろと自分の作品をチェックして、このドールは手直しを要するグループに分類しました。

           

           

           そして個展終了後に何をしたかというとお湯パーマです。これはヘアーをカールさせたい方向に固定しておき、熱湯で湿らせたタオルなどを押し付けて、またはお湯を直接注いで形を整えるというものです。

           ご覧の通り、これで前髪が左右に分けられてキャッチライトしやすくなった。

           

           道具は volks などのメーカーから発売されているものを使うのが、やっぱり確実かな。

           自分の場合にはけっこう慣れているので、直径1cmぐらいのパイプの上にドールヘアーをのせ、お湯を少しずつ流して形を整えています。

           

           

           

           こちらは1/6スケールの ikumi です。同じように前髪がかぶさり気味なのと、ヘアーが後ろに流れ過ぎて耳の裏側まで見えてしまっている。

           

           

           こちらはウイッグ自体を黒いものに交換し、額が見えるように、そしてやや内側にカールするようにお湯パーマしました。

           お湯パーマってどうしても時間とともに緩んでくる傾向にあるので、ときどきこうしてメンテナンスしてあげると良いと思います。

           

           

          JUGEMテーマ:ドール

           

          category:doll | by:moocomments(0) | -

          ayumi 12 オリジナル球体関節人形のリメイク 決まったって感じ

          2020.08.31 Monday 09:19
          0

             一区切りついたので、次回の「情景のなかの人形たち」に向けて再始動です。

             まずはやり残したことや、一部作品の修復・修正からスタートです。

             

             

             こちらは ayumi 、半年かけてリメイクしていた15年前のオリジナル球体関節人形です。8月初めには、いちおうリメイクは完了していたのですが、個展には持ってゆかなかった。なぜかというと仕上げに「決まった」みたいな感覚がなかったから。どこが悪いのでもない、極めて感覚的なものかもしれない。表情に輝きのようなものがないとでも言うのかな。

             

             

             

             その後も時々眺めてはいたのですが、昨日、何かひらめくものがものがあって手を加えた。

             アイホールを少しだけ大きくしてアイを紫色のものに変え、合わせてお湯パーマでウイッグの流れる方向を少し変えてみた。あとはアイラインや眉毛の調整する。こういったところはコンマ何mmの変化でがらっと容姿が変わる。

             

             実のところ、これまで黒髪のドールってほとんど作ってこなかった。そして今回はダークグレーのドールアイと、きわめてナチュラルなお化粧というところで勝負しようと思っていたのだけど、ものすごく難しかった。
             どういうことかというと、これらのパーツの組み合わせって、基本はふだん見かける日本人女性そのものなので、少しでも平均値から外れると、違和感のようなものを感じてしまう。そして何より特徴を出しにくい。

             

             前にも書いたけど人間の視覚はすごい。何万人もの人物を見分け、その感情的な部分まで、ある程度推測する能力を持つ。

             これをドール制作の場面に置き換えると、理由は分からないけど何かおかしいとか、どことなく可愛くないみたいなことになる。ようするにきわめて本能的なものを、理屈として理解するまでには時間がかかるし、さらにそれをどう修正するのか閃くまでには更に難しいというわけです。

             今回はアイを大きめのものにして、あえて日本人的なもののバランスを崩したことで問題を解決しました。

             

             

             

             このドールは15年前に最初につくったときの状態です。今回リメイクした結果と比べると、もともと同一のものとは思えない。

             ではどちらが良いかというと、もしかしたらこちらの方が手作り感があって良いという人もいるかもしれません。根本的には良し悪しでなく、気に入る気に入らないの問題だろうから。あるとすれば中途半端な感じがいちばんよくないかも。

             

             

             

            「あ、決まったな」と思ったのはこの写真を見たときです。

            これまで見たことのない表情、DOLLとしての美しさを感じます。

             

             それからしばらくこのドールを眺めていて、お金はかかるけど、やっぱり艶消しウレタンのコーティングは行うことにしました。やっぱりウレタンの方がぜんぜん仕上がりが美しい。

             もうちょっと時間をかけて完成させ、また別の機会にその画像をお目にかけようと思います。

             

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -

            Calender
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            27282930   
            << September 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
              moo
            • TBLeague PHMB2018-T01A 2 ヘッドをリメイクしてみました
              Kaihara
            • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
              moo
            • 小さな丘の風景・冬 1 ベースが出来上がった
              isosi
            • ドールハウス 2 家具作りしています
              moo
            • ドールハウス 2 家具作りしています
              totochan(ととちゃん)
            • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
              moo
            • 五能線驫木駅 3 駅舎ができた
              totochan(ととちゃん
            • 秋桜
              moo
            • 秋桜
              マチャ
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            瞳に四角い鰯雲 - にほんブログ村

            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング