街角の風景 2 歩道の表現 オリジナルの塗料をつくる また新型コロナウイルス

2020.02.20 Thursday 03:41
0

     ちょっと前にお伝えした1:3ドール展示用の背景制作のお話です。とりあえずそれらしく仕上がってきたので画像をUPしておきます。

     

     

     ドールを引き立たせるという目的でつくっているので、壁と歩道だけのシンプルなベースです。(前回の最終画像)

    手前に少し写っている黒っぽい部分はバス停&道標を立てる予定のところです。

     

     

     

     それがこれ。もう10年ぐらい前につくったものですが、今回もこれに少し手を加えてアイキャッチャーにするつもりです。

     

     

     

     歩道やレンガの壁は市販のフロアシートを利用しているのですが、もともと少しつるつるしていて透明感があり、質感に欠けるところがあるので再塗装してみることにしました。それが上の画像です。

     使用した塗料はモデリングペーストにハムスター用の砂を混ぜ込み、ブラウン系のリキテックスで着色したものです。不透明でざらっとした感じがなかなか良いです。リアルなジオラマをつくるためには、こういった一期一会の塗料づくりがポイントになります。

     

     

     

     ただジオラマとしては色合いがちょっと寂しいので、歩道部分に少しだけ緑のアクセントを加えることにしました。

     左から100均で買ったジオラマシート、緑のパウダー、KATOのターフといったところです。

     

     

     

     これを少しずつ貼り付けて行く。こういうのってちょっと楽しい、足元に小さな宇宙がひろがってゆく感じです。

     歩道の色が少し白っぽくなっているのは、アクリルの白とつや消し添加剤でドライブラシをかけたためです。

     

     

     

     道標の地名はアイルランド西部に実在するものです。今回はその国道56号線沿いにある小さな町の街角を表現してみました。どうかな? 自分では良い感じに仕上がったと思います。

     

     話は全然変わるけど、やっぱり国として新型コロナへの対応ってまずくない? 良く言えば経済活動への支障が出るってことで、できるだけ穏便な対応をしてるってことだろうけど、状況は騒ぎになり始めた頃の中国と同じ。政府専門家会議ってやったみたいだけど、「国内発生の早期」という現状確認だけで終わってしまったみたい。そんなんじゃ何もやっていないって言われないようにするためのアリバイ作りと言われても仕方ない。その後の対策本部では何人かの関係閣僚等が会議を欠席して地元で「宴会」に行ってたって話だし・・・。ニュース見ていてむっとしてしまいました。

     言い方は悪いけど、あんたらもたまには満員の電車に乗ってみなって言ってみたくなる。咳をしている人がいればみんな少しでも遠ざかろうとして、そこに小さな空間ができる。それが現実。もう今さら観光とかオリンピックじゃないでしょ、もう世界中から皆さんをお招きできる状態じゃないです。こういうお人形遊びのサイトで政治的な話をするのもどうかと思いますが黙ってらんない! やっぱり考えるべき順序が違う、何があっても人命最優先でしょ。

     

     唐突に話は戻ります。

     背景が出来上がったのでベストな組み合わせと思うお人形を引っ張り出してきて、ここに飾ってみることにします。あと3連中はあまり人のいないところに行ってお散歩かな。今こそ健康維持のための体力作りが大切かもしれない。

     

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    category:diorama | by:moocomments(0) | -

    我家のお料理 1 塩こうじ 簡単トリプルスープのラーメン ちょっとだけ新型コロナウイルス

    2020.02.18 Tuesday 04:58
    0

       今回もまたお料理ネタです。

       料理に関してはレシピなどはほとんど見ません。素材を見ながらイマジネーションをはたらかせてつくることがほとんどです。ただこうすると素材が生きるということが分かっているときには、事前に処理しておきます。

       

       

       味噌漬けにした鶏モモ肉をオーブンで焼いたものに、スナップエンドウとミニトマトを炒めて味噌と酒、ガラスープで味付けしたものをのせました。味噌漬けにすると風味が増します。漬ける時間は24時間ぐらい。

       

       

       

       左下は塩こうじに漬け込んだ鶏モモを白菜といっしょに鍋にしたもの。右上は同じく鶏モモをチンゲン菜、タマゴといっしょに炒め、最後にエノキ、キクラゲ、シイタケのソースをかけたもの(中華風の出汁でとろみがついている)。

       塩こうじは効果抜群です。鶏むね肉がモモ肉に、豚肉が牛肉にアップグレードします(もちろん冗談)。

       塩こうじの漬け方ですが、塩少々を肉に擦り込み、塩こうじ小さじ1、酒大さじ1とともにフリーザーパックに入れてもみもみ。さらに冷蔵庫に入れて3日ぐらいしたあたりが食べごろです。

       

       

       

       スープそのものも出汁が出ておいしくなる。例の簡単トリプルスープに鍋の残りを半分ほど混ぜ、少し豆乳を入れてあげると見かけ上は白湯スープみたいな感じになります。こちらもマイルドでおいしい。

       微生物の働きって結構すごいです。

       あと新型コロナ・・・、こいつもすごいことに。

       一日外を歩いていると、感染している人とどこかですれ違っているんだろうなと思う。もうこうなると映画館、劇場なんかには行こうと思わない。宴会もだめ。人のたくさんいる密閉されたところに長時間いるだなんて、完全にアウトでしょ。

       感染リスクの高いところに行かない、またはそういう状況をつくらないという、ちょっと考えれば誰でも分かることこそ、今徹底するのが必要なんだと思う。それでも国としては経済活動がどうしたこうしたで閉鎖しろとまでは言い出せないんだろうな・・・。でももう政府専門家会議みたいなもので慎重な議論を重ねるなんて、そんな悠長なことは言ってらんない状況だと思う。ニュース見ていてそう思いました。

       ということでおうちでお人形をつくって、おいしいもの食べているのが一番です。

       

       

      JUGEMテーマ:料理

      category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

      Alice's Dreamy Bedroom 4 裏庭をつくってます

      2020.02.16 Sunday 09:44
      0

         Alice's Dreamy Bedroom という1:24スケールのドールハウスをつくり始めて3ヶ月、いろいろ手を加えていたら予定の3倍ぐらい時間がかかっちゃった感じです。最初は部屋の中だけの予定が、360°どこからでも眺められるよう、今度は裏庭もつくってみることにしました。

         

         

         グリーンのシートを貼り付け、背の低い雑草をとりあえずおいてみたところです。この段階でいろいろとイメージをひろげてゆきます。

         

         

         

         植物の表現はWAKOのペーパークラフトをメインにして、ジオラマや鉄道模型でよく使われるミニネイチャーシリーズやNOCHの繊維素材、KATOのターフといったところを素材として活用します。

         

         

         

         バランスを見ながら少しずつ手を入れて行く、ここが今一番楽しいところ。植物についてはこれった感じで一種類で済ませるのでなく、いろんなものを少しずつ組み合わせるのが自然です。もちろんそのためには素材をたくさんストックしておく必要があることは言うまでもありません。

         

         

         

         ツタはそれらしい雑草を道端から抜いてきて使いました。自然素材にはやはりそれなりの説得力のようなものがあります。葉っぱは最近よく見かけるようになったパンチで、緑色の紙をくり抜いたものです。これを1枚1枚貼り付けて行く。

         

         

         

         アクセントとして1:24のモンキーを置いて裏庭は完成。秋らしい感じにまとめてみました。

         このあと主人公のフィギュアとポイントになるアイテムの制作にとりかかります。

         

         

        JUGEMテーマ:模型製作

        category:diorama | by:moocomments(0) | -

        ドール&フィギュアの写真 16 写真の明暗の調整 GIMPを使う

        2020.02.15 Saturday 08:58
        0

           久しぶりのドール&フィギュアの写真コーナーです。

           今回もGIMPというフリーの画像処理ソフトを使って、おもに部分的な明暗のコントロールについて説明したいと思います。

          (もし今回が初めての来訪でしたら、ドール&フィギュアの写真から入られると分かりやすいかと思います)

           

           

           こちらがRAWで撮影し、現像を終えた段階の元画像です。

           気になるのはウイッグの乱れ、まずはこれをきれいに修正します。

           

           

           

           こちらは前回と同様の操作を行って処理しました。

           

           ツール>描画ツール>スタンプで描画

           ツール>描画ツール>にじみ

           

           顔がちょっと暗く写っているのでこちらを次に修正します。

           

           

           ツール>選択ツール>自由選択

           

           上の画像は明るくしようとしている部分を指定したところです。(あえてモノトーンにして分かりやすくしてあります) ポイントは明るくしたいところは少し小さめに選択するところです。もしぴったりと選択すると周囲まで明るくなって変な感じになっちゃいます。

           

           選択>境界をぼかす

           

           縁をぼかす量は300pixぐらいです。

           選択ツールには様々な機能がついていて、これらを使いこなしてゆくのが修正の基本になります。こればっかりは知識と経験が必要なので、いろいろと試してみて下さい。

           

           

           

           色>トーンカーブ

           

           顔の部分を少し明るく修正しました。

           後ろからあたっている光が美しいので、今度はこれを強調してみようと思います。

           

           

           

           ツール>選択ツール>自由選択

           選択>境界をぼかす

           色>トーンカーブ

           

           顔の明るさを調整したのと同じ手順で肩から頭頂部分に輝きを加えました。ここまでの操作はおおむね10分ほど、ちょっと工夫するだけでこれだけ写真は変わります。

           

           

          sayaka (オリジナルヘッド+オビツSBHボディ 26cm 2018 )

           

           次回はまたいつになるかわからないけど、色合いの調整をテーマに開設したいと思います。

           

           

          JUGEMテーマ:写真撮影機材

          category:photo | by:moocomments(0) | -

          街角の風景 1 レンガと白壁の表現

          2020.02.14 Friday 05:10
          0

             新しくまた1/3ドールを展示するための背景をつくり始めました。今回は煉瓦の壁の上に漆喰を塗り固めた西洋によくあるような壁を再現します。またまた今回も地味でちょっとマニアックな工作になっちゃいます。

             

             

             これはもともとドールイベントの展示用の背景として使っていたものですが、この際こちらもちゃんとしたものに作り変えてしまおうというわけです。

             

             

             

             まずは茶色一色だった煉瓦を、新たにフロア材から切り出したものに置き換え、その隙間に粘土をつめてゆきます。剥がれ落ちやすいので先に木工ボンドを塗り込んでおくのがポイント。

             

             

             

             白壁は壁紙で表現していたのですが、これをいったん全てはがし、凹凸をつけながら薄く粘土をのせてゆきます。乾いたところで今度はモデリングペーストをたたくように塗ってその質感を出します。

             

             

             

             白にタンを混ぜた塗料をうすくまばらに塗って経年劣化(黄ばみ)した感じを表現し、その上から薄いグレーで雨だれや埃で汚れた感じを出します。

             

             

             

             同じフロア材で歩道部分もつくってみました。とりあえず今のところは順調。

             同じく3月のアイドールに向けて準備している1/6オリジナルドールの制作も順調・・・。でも本当にイベントなんてやって大丈夫かな? かなり危うい状況になりつつあることは間違いない。

             

             

            JUGEMテーマ:模型製作

            category:diorama | by:moocomments(0) | -

            Calender
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング