桜2019 6 エンディング

2019.04.24 Wednesday 15:53
0

     前回、夏井の千本桜を見に行ったというレポートをしましたが、その帰り道にも、いくつか桜のきれいな場所に立ち寄りました。

     

     

     

     

     こちらは同じく福島県の石川町の桜です。石川もまた古い歴史を持つ町で、川沿いに数百本の桜が植えられています。

     そのなかでも町の中心部にある桜は樹齢を重ね、川の中央部分にまで枝を伸ばしています。これだけ密度高く花をつけている場所は他にないのではないでしょうか。こちらは満開から散り始めの時期で、散った花弁が川を流れる様がとてもきれいでした。

     

     

     

     

     

     こちらはその翌日に行った那須疎水公園です。あいにくの薄曇りだったのですが、晴れていれば疎水と桜、その向こうに那須連山が望めるところです。咲きは8分から満開といったところだったので、ゴールデンウイークの初めだったらまだ何とか間に合うかも。

     

     3月の終わりぐらいから、ばたばたとあちこち歩き回りましたが、これにて今年の桜巡りはおしまいです。

     今年見た桜のナンバーワンはやっぱり夏井の桜かな。桜そのものも素敵だけど、昔ながらの里山の風景がまた素晴らしい。地方に行くとどこも明るい話題は少ないのだけれど、こういう頑張りはぜひ応援したいと思います。

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    小野に行ってきた

    2019.04.22 Monday 10:42
    0

       福島県の小野といえばDOLLの世界ではリカちゃんキャッスルで有名ですが、世間一般では「夏井千本桜」がこの季節は注目されるところです。

       

       

       この桜は夏井川の堤防約5kmにわたって植林されたもので、毎年この時期にはたくさんの人々が訪れるところです。

      (自分たちは早朝5時前の出発だったので、けっこう余裕で散策できました) 

       

       

       こののどかな農道が落ち着くな・・・。

       タンポポやオオイヌノフグリ、土筆、そんなものがたくさん生えています。

       こういった桜の名所というと、桜を引き立たせる菜の花とかスイセンといったものが植えられ、もともとあった雑草のようなものは、春を知らせる小さな可憐な花なども含めて、完全に草刈り機で切り払われたりすることが多いのですが、ここは違います。

       どうしているのかな? と思って歩いていたら農家のおばあさんが背の高い草を1本、1本抜いていました。これはすごい! 感動してしまいました。

       

       

       田んぼのあぜ道は青くなるぐらいオオイヌノフグリ(上の写真はネモフィラじゃないよ)、上を歩けるほどの土筆、すごいすごい。

       

       

       

       このあと、この千本桜のある小野の夏井地区をちょこっと散策しました。

       

       

       こちらは諏訪神社の夫婦杉(国指定天然記念物、樹齢1200年)。天に向かってそびえています。すごい。

       こちらの神社自体も創建は780年ごろ、またこの上部には天の岩戸伝説にまつわる大岩があったりして空気感が違う。こちらもぜひ訪れたいところです。

       

       

       

       集落を見下ろす展望台を下ったところにある小さな神社です。樹々はもちろん、足元の草もたくさんの花を咲かせていて、とってもきれい。まるで間違って天国に降りてしまったような景観でした。

       旅の詳細はメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に、また準備が整いしだいUPしておきます。

       ちなみに桜はまだまだ満開になっていないところもあるので、もしかしたら今週末ぐらいまで楽しめるかもしれません。

       

      JUGEMテーマ:国内小旅行

      category:trip | by:moocomments(0) | -

      新しい球体関節人形 4 今度はレベルライン

      2019.04.19 Friday 06:25
      0

         前回のレポートではドールのボディラインがある程度できあがったところまでお伝えしましたが、今回はテンションゴムを取り外し、いったんばらばらの状態に戻します。そしてそのうえで各パーツごとに細部の造形と調整を行い、表面を平滑にしてゆきます。

         

         

         とりあえず最初に取りかかるのはボディの上部パーツです。画像は最初の盛りと削りを終えた状態です。

         首に2つの金属が埋め込まれていますが、これは直径5mmのネオジムマグネットです。これによって金属フレームなどがあればスタンドなしでドールを立たせることができます。

         

         

         ヘッドバーツにはくぎを埋め込んでいます。これでマグネットピアス等を取り付けることができます。

         このように全身10か所ほどにネオジムマグネットやくぎなどを埋め込んで、いろいろと遊べるような工夫をしています。

         

         

         

         だいぶ上半身が整ってきました。必要に応じて隣接するパーツとのつながりを確認するのは必須。

         

         

         

         ヘッドパーツは完成までに最も時間がかかります。こちらは1回目の盛りと削りが終わって、これから表情や個性のようなものをどうやって出してゆくか考えているところです。

         ここで以前のレポートにあったフィールドラインがまた関係してきます。

         

         

         こちらは以前に自作した球体関節人形です。黄色い線はフィールドラインで上に発散するような形状になっています。具体的には目が大きく口が小さめという、一般的なお人形が持っているラインとほぼ同じです。

         緑色はフィールドラインに直角に交差するもので、この空間の水平線を表現しています。これをレベルラインと呼ぶことにしました。フィールドラインが縦のまっすぐな線でなければ、当然レベルラインは曲線になります。この場合、水平線は下に垂れ下がった形状になるので、目の傾きもこれに合わせてやや「たれ目」にしてあります。もしこれをしないと目は吊り上がった印象になってしまいます。 

         

         

         逆にフィールドラインにを上に向かって収束させ、大人っぽい感じに仕上げようとすると、レベルラインは上に吊り上がった感じになるので、目尻をやや吊り気味にするとニュートラルな感じに仕上がります。

         このあたりのことはもう3年以上前に考えたことで、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に関連記事があります。よろしければどうぞ。

         

         

         

         今回は少しだけあどけなさを残すことにしました。

         目尻を少し下げ、アイホールはほんの少し拡大。彫り自体はやや深め、頬は少し削ってエキゾチックな感じに。そして口はやや開き気味にして、ニュートラルな表情でありながら、少し微笑んでいるようにも見える・・・。これがすべて感じ取れるような仕上げをしてゆきたいです。とりあえずは順調にすすんでいる感じです。

        (最近はこの状態でもアイやウイッグのついたフェイスを想像できるようになってきた)

         

         

        JUGEMテーマ:ドール

         

        category:doll | by:moocomments(0) | -

        桜2019 5 伊勢原

        2019.04.17 Wednesday 05:57
        0

           関東では桜の季節もそろそろ終わりですね。

           とっても良いお天気の時にご近所を散歩してきました。

           

           

           こちらは神奈川県伊勢原市を流れる歌川です。それほど有名な観光地スポットではないし、工場地帯のはずれを流れる小さな川だけど、お散歩していてとても楽しくなるところです。

           

           

           

           ピンクと黄色が青い背景に映える、最高だね。

           あと並木の向こうに丹沢や富士山も見えます。

           

           

           

           こちらは少し離れたところにある渋田川です。何年か前に一人のおじいさんが土手に芝桜を植えたことをきっかけに、今ではたくさんの人が見に来るような場所になりました。

           

           

           今年の桜の開花が遅めだったので、ちょうど芝桜の見頃と重なりました。ここ何年か見た中では一番きれいだったように思います。

           

           

          JUGEMテーマ:国内小旅行

          category:trip | by:moocomments(0) | -

          新しい球体関節人形 3 ボディラインがまとまりました

          2019.04.16 Tuesday 04:41
          0

             新しくつくり始めた球体関節人形なのですが、本当にちょっとずつ作業は進行中です。こういったものは一気にすすめようとするとあまり良いことはないので。

             

             

             ちょっと精度的に問題の合った右膝と左肩の関節を微修正しているところです。テンションゴムはつなげたまま作業をしていますが、この方が具合を確認しやすい。

             ご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、膝関節は球体ではないです。やや押しつぶしたような形にしているのは縦方向にのみ可動させ、横方向の回転を抑えるようにしているからです。

             

             

             

             それが終了したところで全体のボディラインを整えてゆきます。作業としては当初の構想をもとにして粘土を盛る、削るの繰り返しです。上の画像は粘土を盛るところに+、削るところにーの印を入れてイメージをふくらませているところです。

             

             

             

             今回、肘の関節は形状を改めて可動範囲を大きくし、また全体を小さなものに置き換えました。ボディラインのメリハリをつけるには関節部分は少し小さめの方が都合が良いです。(まあ、これも全体のバランス次第ですが)

             

             

             

             盛る、削るの作業を開始して1週間ほどでイメージしていたボディラインが出来上がりました。関節の方も精度が上がりました。このあといったんバラバラの状態に戻し、パーツ一つ一つの完成度を上げて行く作業に入ってゆきます。

             

            JUGEMテーマ:ドール

            category:doll | by:moocomments(0) | -

            Calender
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            鉄道模型ランキング

            ジオラマランキング