春のお散歩旅 2 蓑毛 淡墨桜 大日堂 山くじらコーヒー

2020.04.03 Friday 05:11
0

     この日訪れたのは丹沢大山国定公園の入口にある蓑毛というところです。小田急線とバスでやってきました。前回のお散歩旅で訪れた場所のさらに北です。

     

     

     目当てのひとつはこの淡墨桜。白い花がいっぱい、ちょうど満開になったところでした。

     

     

     見に来ている人は自分たちのほかにカメラマンが一人、こんな感じでゆったりと見学できました。

     

    sayaka ( オリジナルヘッド+TBLeagues26Aボディ 26cm 2018 )

     

     周辺は丹沢大山国定公園の入口にある古い集落です。せっかくなので少し散策してみることにしました。但しその道がけっこうな急坂で息が切れる。

     

     

     

     こちらは大日堂、東大寺大仏造営に尽力した行基によって742年に建立されたと伝えられます。現在ある本堂は1729年に建てられたもので、境内にあるほか3棟が国有形文化財に指定されています。

     

     

     迫力ある仁王様。

     蓑毛自体もとても歴史ある集落で、江戸時代には西国から大山詣する際の登山道の入口にあって賑わっていたと伝えられます。そして今はと言うと、ひなびた山裾の農村そのものと言った感じです。

     

     

     

     ちょっと寂れた感じもあって、このあたりにはお店なんかも1軒もないだろうなと思っていたのですが予想は外れました。この大日堂の横に(しかも表通りから見えない!)なんと喫茶店がありました。一瞬やってゆけるのかな、と思ってしまうぐらいです。

     平日の朝、静かな境内を眺めながらいただいたコーヒーは、水の良さも分かるまろやかな味でした。また来たいです。

     あとで調べたら、知る人ぞ知るお店のようです。だよね、でなければこんな人目につかないところで営業できないよね。

    (山くじらコーヒー、チョコレートつきで一杯400円。近くにスイーツのお店も見つけた、こちらは次回訪れたい。)

     

     

     

     散策を再開します。脇の金目川に沿って田舎道を下ります。

     

     

     ただただひたすらきれい。

     この時期、もしかしたらここはいちばん天国に近いところかもしれない。そう思ったりする。

     何もしなければ絶対にこの風景は保てません。皆さんがこの蓑毛を大切に思う気持ちが伝わってきます。

     

     

     このあと更に5kmほど歩いて小田急線の秦野駅に着きました。今回も満腹のお散歩旅でした。

     

     この後訪れたところや旅の詳細は、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方に準備が整い次第UPしておきます。ちなみに淡墨桜ですが、このあとTVで紹介されてとても混雑したみたいです。

     

     

    JUGEMテーマ:国内小旅行

    category:trip | by:moocomments(0) | -

    window 2 質感を出すポイントは塗装面の荒しと塗料だね

    2020.04.02 Thursday 05:17
    0

       1/3スケールのジオラマ背景を制作中です。夏の個展に向けてオリジナル球体関節人形が映えるようなものをつくろうと思います。

       

       

       前回のレポートではここまでお伝えしました。イメージとしては大きな窓のある部屋から外を眺めているみたいなものを想定しています。今回は各パーツの表面処理と塗装作業のレポートとなります。

       

       

       

       フロアについては100均で売っている装飾シートを一片10cmの正方形に切り取り、これを模様が互い違いになるように貼り付けて行くだけです。

       但しこのシートには問題点があって、こんな感じで折り目がついている。これをそのままはりつけるとシワになってしまうので、極低温のアイロンをあてて密着させます。(説明書には書いてない)

       

       

       

       壁面ですが、まずはモデリングペーストをヘラで塗り付けます。こんな感じで手仕事の感じを出すとリアルです。

       

       

       

       下地をつくる塗料はモデリングペースト1に対して小動物用の砂2の割合で混合し、そこにオレンジ系の塗料を少量混ぜます。これは着色と言うより、ざらっとした質感を出すためのものです。

       

       

       

       これを全体に塗り上げたところです。荒らした表面のくぼみには多めにこの下地塗料がたまってムラができますがこれで良い。上塗りしたとき、そのの効果が出てきます。

       

       

       

       上塗りをします。黄色を少々混ぜ込んで少し暖かい感じのピンク色に仕上げます。

       乾いたら艶消し剤を添加したホワイトでドライブラシをかけてコントラストを上げます。

      (ドライブラシ:濃いめの塗料を少量筆につけて凸部に塗る作業)

       

       この壁、何もしないでピンクに塗り上げると軽い平坦な感じの壁になっちゃいます。モデリングペースト、下地塗料の効果でリアルさと質量感を出しているのですが、お分かりいただけますかね。

       

       

       

       ということでここまできました。あくまでも人形がメインなので室内部分に目を引くようなものは置かないつもりです。あとはアクセントになる窓の外を仕上げれば完成かな。

       

       

      JUGEMテーマ:模型製作

      category:diorama | by:moocomments(0) | -

      簡単パスタ 1 あさり 春キャベツ

      2020.04.01 Wednesday 16:43
      0

         久しぶりの料理ネタ、基本、夕食は連れと交代でつくっています。

         

         

         こちらはある日作った晩御飯。大皿は豚肉の味噌漬けを焼いたもの、あとはアサリとニンニクの芽の酒蒸し、そしてニラとモヤシのキムチ和え。

         基本、「男の料理はねえ・・・。」と言われないように、高い食材は買わない、できあがった時にはキッチンがきれいに片付いていること、無駄を出さないで素材として使えるものは捨てないでとっておくことなどを心がけています。

         食べ終わった後、この3つのなかで捨ててしまうのが惜しいのはアサリの酒蒸しの皿に残ったスープです。アサリ、ニンニク、唐辛子、オリーブオイル、酒の組み合わせだからこれがまずいわけない。

         

         

         

         ということで、翌朝はここに冷凍シーフードと菜の花を加えてパスタと和える。菜の花とアサリのスープがよく合います。このシーズンならではのパスタです。ポイントになるスープはすでにできているので、10分もかからずに美味しいパスタが完成します。

         

         

         

         この時期と言ったら春キャベツもいいね。基本的なペペロンチーノにゆで汁で湯がいた春キャベツを加える、その上にシソのみじん切りとジャコのふりかけをぱらぱら。春キャベツが甘い! 春キャベツはもともとが柔らかいのでしんなりとするぐらいで

        、さっとお湯から上げるのがポイント。このパスタも10分かからない。

         

         

         

         こちらは別の日のメニューです。

         春キャベツはもちろん生でも美味しい。塩コショウした春キャベツにオリーブオイルとチューブニンニク、Kockdooの香味ペーストを混ぜたものをかけてみたらこれが結構いける。

         あとタコのカルパッチョなのだけど、塩をしたタコの上に辛みのある長ネギを上にのせ、更にその上から少量のニンニクを入れて加熱したオリーブオイルをかけて仕上げてみました。中華の調理方法なんだけど、こういった食べ方もありだねと思った。ちなみに一番上はマグロのづけと菜の花の辛し和えです。

         

         何か最近、ストレス発散のためにいろいろやってます。じっとしているのは精神衛生上良くないので。

         あとは運動して栄養のあるものをきちんと食べる、それを心がけてます。あとは何か楽しいことを探す。いつどうなるか分からないのですが、少しでも免疫力が上がるような努力をしています。

         

         片っぱしから自粛の要請をしても感染は広がるばかり、それだけじゃなくまだまだ海外旅行から戻ってくる人がたりする。こんな昨今の状況からすれば東京はロックダウンした方がいいようにも思えるけど、政府はしないって言ってる。このままゆるい自粛を続けても医療崩壊など起こらないと考える理由はいったい何なのだろう?

         

         

        JUGEMテーマ:料理

        category:food&cooking | by:moocomments(0) | -

        春のお散歩旅 1 二宮から大磯丘陵 ちょっと長い距離歩いてみた

        2020.03.30 Monday 11:01
        0

           今回も感染リスクの低い健康的なお散歩旅です。

           旅の出発地点はJR二宮駅、ここから小田急線の東海大学前駅まで歩くつもりです。直線で9km、実際の道のりは12kmぐらいかと思います。

           

           

          9:36

           朝の混雑を避け、ちょっと遅い時間帯に二宮駅を出発です。お隣の大磯駅に比べるとのんびりとした感じです。町内の循環バスも小さくてかわいい。あと駅正面には観光案内所もあります。

           

           

           

          9:40

           少し歩くと湘南軽便鉄道の二宮駅(本社跡)の碑がありました。湘南軽便鉄道はここから北にある秦野市を結ぶ区間で1906年に馬車鉄道として営業を開始しました。

           

           

           昔はここに線路が敷かれていたわけなんだ。民家の間を走る様子は今の江ノ電みたいな感じかな? けっこう皆さん煙かったに違いない。

           湘南軽便鉄道は小田急線が開通すると乗降客が減少し、1937年には事業を廃止して現在に至ります。ちなみに小田急線の建設資材はこの湘南軽便鉄道で運ばれていたというから、少し皮肉なもの。

           

           

           

          9:47

           ちょっと歩くと急な崖の上に小さな神社がありました。

           案内によればこのあたりは4ヶ村が集まった幕府の直轄地だったそうで、昔はそこに神社が一つしかなかった。だからお祭りの時には一つしかないお神輿を巡って幾度となく争いが起こったので、もう一つ神社をつくることになった、それがここ。

           

           ちなみにこの二宮から秦野そして丹沢山地につながる道は生活道であるとともに、古くは西国からの大山詣のために使われた道でもあるので、途中いくつもの道祖神や案内の石碑などを見ることができます。

           

           

           

          10:28

           ここから軽便鉄道の路線跡を外れて北東に向かいます。大磯に続く丘陵地帯は戦前から開発された住宅地で、どこからも湘南の海と富士山が良く見えます。

           こちらは団地内にいくつかある公園の一つで松根台公園。ここはいちばんの高台にあって日当たりも良く、ちょうどソメイヨシノが満開でした。

           

           

           斜面を切り開いてつくられた桜のトンネル。

           ちなみにここの混雑具合は我々のほかに散歩のご婦人が一人。感染リスクがどうのこうのいうレベルではないです。この公園は下から上がってくるにはけっこうな坂を上らなくてはいけないので見に来る人が少ないのかな?

           

           

           

           大磯丘陵の上段を目指して更に登ります。

           桜トンネルを抜けると今度は気持ちの良い新緑。

           

           

           

          10:50

           坂を上り切るとそこは大磯町の西久保というところ、ここに 「愛の地蔵尊」があります。

           その説明文によれば、

           

           お伊勢参りに行った村人はその帰りに大井川の川止めにあい、長い時間戻れなくなってしまう。そのうちの一人は結婚してわずか3ヶ月、新妻の元に戻りたくて、ついには川止めの禁を破って渡ろうとして濁流にのまれた。帰った他の村人は新妻に真実を告げられず、彼は伊豆を回って船で二宮に渡ると伝えた。彼女はこの話を信じて日々この丘陵から相模灘を臨み彷徨い続けた・・・。

           

           このお地蔵様、名前はロマンティックなのですが、お話としてはけっこう悲しい、というか悲しすぎる。

           

           

           

          10:57

           この西久保には丘陵地帯から丹沢方面を臨む展望台があります。

           またハイキングに来る人も多いのか、きれいな公衆トイレもあります。

           

           

           

          11:14

           歩いてゆくと、こういった農産物の直売所も点々とある。

           周辺は畑と点在する農家、そしてときどき道端に道祖神、昔ながらの集落には小さな神社といった感じです。観光地といわれる大磯のもう一つの風景です。

           

           

           

          11:42

           自転車に追い抜かれ、丘を一つ二つ越え、ゴルフ場の桜を見て平塚市に入ります。最初は小さかった大山もずっと大きく見えるようになった。

           

           

           

          11:52

           こちらは平塚市土屋にある天台宗妙円寺、とてもきれいなお庭のあるお寺です。

           こちらには銭新井弁天と岩屋霊穴があり、50mほどの胎内くぐりが体感できます。ちょっとしたテーマパーク気分が楽しめるスポットです。

           

          ikumi (オリジナルヘッド+TBLeagues24Aボディ 27cm 2018 )

           

           

           

           さあここから最後の丘を越えるよ。

           もう3時間以上歩いたけど、疲れたって感じはしない。

           

           

           足元の春をアップしました。

           ゴールは13:00、歩数計は2万歩を超えていました。

           

           今、いろいろな施設やお店が営業を自粛しているなか、やることがない、何をしたら良いのか分からないって人は多いかもしれないけど、
          こういった遊びもあるんだよということで、その一つとしてこんなお散歩旅をご紹介しました。
           知らない道を歩けば、そこに必ず何か発見があります。これは真実。あとこれはとっても大切なことなのだけれど、想像力をはたらかせるってことが旅を楽しくする秘訣だと思います。

           

           このお散歩旅の詳細は準備が整い次第、メインサイト瞳に四角い鰯雲の方にUPしておきます。

           

           

          JUGEMテーマ:国内小旅行

          category:trip | by:moocomments(0) | -

          早春のお散歩旅 4 烏ヶ森公園の河津桜 東那須野公園の水仙

          2020.03.27 Friday 08:36
          0

             那須にやってきました。夏の観光シーズンを除けばこの那須方面はいたって静かです。

             

             

             こちらは那須塩原の烏ヶ森公園です。古くは源頼朝が鷹狩りに訪れたとか、明治時代に入って那須一帯の開拓がすすめられたときには政府の重鎮が訪れていろいろな式典が行われたとか、そういう歴史のあるところです。そして近年では桜の名所としても知られるようになりました。

             公園の一角の芝生のスペースでは女子高校生が二人で自主トレーニングに励んでいる。学校に来ちゃダメって言われてるから、こういうことになっちゃったのかな? ですがご覧の通りここは新型コロナとは無縁の世界です。

             

             

             傍らの河津桜はまさに今が満開です。ただここにいるのはさっきの高校生二人と我々、そしてカメラを片手にしたご婦人が一人。

             もう少しすると1600本のソメイヨシノが咲き始めるんだけど、そうなるともう少し混雑する。・・・とはいっても都会の公園とはその密度は全然違います。

             

             

             

             こちらは東那須野公園です。こちらは白梅が満開で足元に植えられた60000本の水仙も見頃になりつつあります。

             

             

             ここももう少しでソメイヨシノが咲き始めるのですが、那須連山を背景に咲くその様は見事としか言いようがありません。こちらは自分のイチオシスポットかな。

             このほかにも那須周辺をいろいろ回ったので、そのあたりはメインサイト瞳に四角い鰯雲の方に、準備が整い次第UPしておきます。

             

            追伸 総理大臣の奥様が芸能人とお花見したんだって!? ありえない、緊張感なさすぎ。お手本になれとは言わないけど、これじゃ国民はついてゆかないと思う。ファーストレディーとして不適格。2月、3月に入って海外旅行に行っちゃう大学生と同等に非常識です。

             

             

            JUGEMテーマ:国内小旅行

            category:trip | by:moocomments(0) | -

            Calender
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << April 2020 >>
            Selected entry
            Category
            Archives
            Recent comment
            Recommend
            Link
            Profile
            Search
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered
            無料ブログ作成サービス JUGEM


            にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 美術ブログ 創作人形(美術)へ
            にほんブログ村
            にほんブログ村 コレクションブログ 球体関節人形へ
            にほんブログ村


            街並み巡りランキング

            ドールランキング

            ジオラマランキング